みたいもん

トップ > いしたにまさきの仕事 > ゲンロンエトセトラ04(8月号)で内閣IT広報アドバイザーのインタビュー前編が掲載されております、これ面白いですよ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2012.09.05

ゲンロンエトセトラ04(8月号)で内閣IT広報アドバイザーのインタビュー前編が掲載されております、これ面白いですよ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、内閣官房・内閣広報室IT広報アドバイザーのいしたにです。

このお仕事と肩書き、去年の9月から始まっていますので、気づけばもう1年です。

これはインタビューの中でも答えているのですが、内閣広報室とかかわるようになったのは、実は3月の震災直後からなので、そこからとすると、なにげにもう1年半かかわっていることになります。

さて、この内閣広報室IT広報アドバイザーという仕事。ホントによく聞かれるのですが、この肩書だけだと、一体全体どんなことをしているのかちっともわかりません。

私自身も普段は業務をやっているので、自分で振り返るということもあまりありません。仕事内容としては、政治ではなく行政の実務にかかわっているのですが、公務員になったわけでもありませんので、それがまたよくわからないことになっているわけです。

自分でもなんとも説明しにくいなあと、普段から思っていたのですが、ありがたいことに、この内閣広報室IT広報アドバイザーに興味を持ってくれる雑誌があったというわけです。

はい、ゲンロンエトセトラですね。

R0014085.JPG

 リンク: 次号『ゲンロンエトセトラ』は内閣広報室におじゃましてます! | 株式会社ゲンロン.

しかしいしたにさんによると、内閣広報室のことを取材しようというチャレンジャーはゲンロンがはじめてだったらしく、いままであまり知られてこなかった内閣広報室のお仕事について、『ゲンロンエトセトラ』が次号と次々号の前後編にわたりがっつり切り込んでゆきます。

そう、ホントにIT広報アドバイザーとしては、はじめての取材だったんです。やっぱ、なんか「内閣」ということで、敷居が高いと思われているのかもしれないですね(笑)。

この取材そのもの関する話や、普段なにを内閣広報室でやっているのかなど、まさに内閣広報室でインタビューしていただきました。

 リンク: 『ゲンロンエトセトラ』#4完成間近! | 株式会社ゲンロン.

そして、今回取材させて頂いたのは、ブロガー・ライターのいしたにまさきさん。 いしたにさんは、現在内閣官房内閣広報室のIT広報アドバイザーを務めており、 官邸のTwitterアカウント運営などについて示唆的なお話を聞かせて頂きました。

人に話すと、自分の頭の中が整理されるという経験は、みなさんもお持ちだろうと思いますが、それはやっぱり聞き手のおかげによるところが大きいのです。

今回は前編で、この次に後編もあるのですが、自分でもすっかり忘れていたことを、どんどん思い出すことができて、とりあえず私個人としては、ホントにありがたいインタビューになりました。

改めて、お礼を申し上げさせていただきます。

また、実際のゲンロンエトセトラが届いてみると、今回誌面が大きくリニューアルされていて、すごくいい雑誌になっています。

 リンク: ゲンロンエトセトラ8月号の読みどころ | 株式会社ゲンロン.

ゲンロンストリームでもお話 しましたが、今号は140ページと、かなりボリュームも上がってきました。『ゲンロンエトセトラ』は隔月刊のカルチャー誌として、書店に並んでいても違和感なく買っていただけるような出来を目指してよりコンテンツを拡充させていく予定ですので、会員の方お楽しみに、そうでないかたは入会してから楽しみにお 待ちください。

まさにカルチャー誌です。私が若い頃は、WAVEとか夜想とかユリイカとか元気のいいカルチャー誌がいっぱいあって、いやユリイカはまだありますが、そこでいろいろな人のいろいろな話を読むことができました。

そこに何が書かれているかも大事なのですが、そこに誰が出ているかということもすごく大事で、書店でなんか気になる本を目にしたときに、そこに雑誌で見かけた著者名があったときに、いい指標になりました。

もちろん、今でも雑誌はいろいろあるわけですが、いい意味でニッチな内容に真摯に取り組んでいる感じが他にはない感じになっていますし、この真摯な感じというのが、やっぱり人を動かすのだと思います。

ということで、もろもろ気になった方は、以下で試し読みできますので、そちらをどうぞ。

 リンク: 会報『ゲンロンエトセトラ』 #4(2012年8月発行)試し読み | 株式会社ゲンロン.

扱い書店は以下のページで確認することができます。

 リンク: 書店のみなさまへ/取扱書店一覧 | 株式会社ゲンロン.

また、ゲンロンエトセトラは会報誌でもあるので、ゲンロン友の会に入会すると、自動的に送られてきます(私も会員です)。

後編の原稿は、実はまだ見ていないのですが、私がいちばん楽しみにしていると思います。

では、さらにあと1号、ゲンロンのみなさんよろしくお願いします。

【追記】 アマゾンで買えるようになりました!

ゲンロンエトセトラ #4
4990524365

« ソニー9,980円の電子書籍リーダ「Reader PRS-T2」のEvernote連携に超期待! | トップページ | 今度こそiPhoneにつながるGショックが発売されるのだが、ぼんやりとした不安がよぎる理由 »

投稿:by 2012 09 05 05:27 PM [いしたにまさきの仕事] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/55567826

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンロンエトセトラ04(8月号)で内閣IT広報アドバイザーのインタビュー前編が掲載されております、これ面白いですよ:

 
We are bloggers.