みたいもん

トップ > ガジェット > GoPro HERO3に4K2K対応のBlack Editon登場、ここはもうGo Proの思想を買うしかない

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2012.10.19

GoPro HERO3に4K2K対応のBlack Editon登場、ここはもうGo Proの思想を買うしかない




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここの何年かというもの、そのうち買おう、いつか買おう、いや次に新製品こそは買おうと思いつつも、なんとなく買うことがなかった製品の個人的な筆頭がGo Proです。

  • とにかく小さい
  • それなのにHDクオリティで録画可能
  • カメラを設置するマウント・アダプターなどのオプションが豊富
  • 本体では映像を確認することができない
  • というか、お前が買っても用途あるのかよ?

列挙すると、こんな感じですね。

でも、ずっと気になってたGo Pro。買いたい、でも買えない、でもうずうずする。

このもやもやした感じは、同じクラスのあの子にいつまでも告白できなくて、高校生になってうっかり出くわして、うっかり告白して、玉砕したことを思い出します(おれ何いってんだ?)。

で、もやもや感を一気に吹き飛ばすGo Proの新製品がでました。それが、Go Pro HERO3

なにしろ、すでに小さかったGo Proが、さらに3割小さくなって、25%も軽量化。それでいて、音声も向上し、もちろん動画のパフォーマンスも2倍向上。写真は3倍。

そして、一気に3モデル登場。

でもね、そんなことどうでもいいんです。ここはもうBlack Editon一択です!

HERO3 Black Edition

 リンク: HERO3 Black Edition | Wi-Fi enabled | Most Advanced HD GoPro Ever.

なぜなら、このBlack Editonだけが、Go Proなのに4Kが録画できるのです!

すげえよ、Go Pro。かっこいいよ。

ソニーなどのメーカーが、Go Proのライバル機種を、最近リリースしましたが、そんなものに脇目もふらずに、一気にまずスペックで、ぶっちぎりです。

もちろん、実際には4Kとはいっても12fpsなんですが、4Kでそれだけ撮れるということは、2.7Kなら30fpsで使えてしまうし、1080pに至っては、60fpsで撮れてしまうということなんです。

いや、そんなこともどうでもいいわ。

Go Proサイズで4Kって、これは世界が変わります。

もともと、Go Pro自体が、世界を変えてしまったカメラなのに、これでさらにもう1つ変わります。いや、変わるに決まってます。

そして、4K2K対応だけではなく、もう1つ大事で大きな、そして思想的なアップデートが今回のGo Proではされています。

それは、全エディションがWifi対応になったことです。

で、これはどういうことかというと、Go Pro HERO3のすべてのモデルが、スマホ対応になって、スマホのアプリからコントロールできるし、画角調整できるようになったことを意味します。

GoPro App App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

この意味については、Go Proの人の言葉を引用しましょう。

 リンク: GoPro HERO 3登場―人気のアクションカメラが大幅バージョンアップ.

「Kodakなど他のカメラ・メーカーとは異なり、GoProはスマートフォンによって侵食されていない。逆にスマートフォンはGoProを助けている。ユーザーはベーシックなカメラはスマートフォンで間に合わせることができるので、新たに買うのはスマートフォンではまったく不可能な特別なカメラだ」

Go Proを動作コントロールや画面確認部分で強化するのではなく、その部分は、スマホ&アプリにやらせてしまえばいい。

どうせ、Go Proを買うような人なんて、スマホ持ってるでしょってことですね。実際、そうだと思います。

そして、Go Proの新製品が発表されるときに、いつもの楽しみにしているのが、プロモーション動画です。

私は、すでに3回みました。あと、5回は見るでしょう。

これを見ていると、Go Proが売ろうしているのは、スペックではなくて、カルチャーであり、思想であるということがよくわかりますよね。

もちろん、自分ではこんなことドキドキ体験ばっかりをできるわけがないんですが、それでもやっぱりわくわくする。

このワクワク感なしに「ああ、夜景がきれいに撮れますね」とかいう理由だけで、デジカメを買うわけがないことなんか、もうみんな知ってますよ。バーロ。

さあ、こんどこそGo Pro買うぞ!

つーか、既に発注しましたので、よろしくお願いします。

あ!そうだ。

おれには、ノートPCでは、最高クラスの解像度を持つMacbook Pro Retinaがあるじゃないか!

早くRetinaで、Go Pro HERO3の動画を見たい!見せてくれ!

あと、4Kとか2Kとか、興味にないわーって、人はこれでHERO2が値下がりするはずなので、それを狙うのも手ですね。

【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HD HERO2 モータースポーツエディション[CHDMH-002]
B005C5FT04

【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HD HERO2 アウトドアエディション[CHDOH-002]
B0067HW77O

« 【ミイル2.0】映画「009」と宅麺.com、ソーシャル写真アプリ「ミイル」がまさかのラーメン愛によるコラボ企画をはじめました | トップページ | 『ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛』はIT企業経営者も社員にも必須の1冊! »

投稿:by 2012 10 19 10:30 AM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/55922105

この記事へのトラックバック一覧です: GoPro HERO3に4K2K対応のBlack Editon登場、ここはもうGo Proの思想を買うしかない:

 
We are bloggers.