みたいもん

トップ > KDP(キンドルダイレクト・パブリッシング) > 日本でも始まったKDP(キンドルダイレクト・パブリッシング)は、ePubトラップ多すぎだが、やっぱり挑戦してみたい素敵な仕組み

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2012.10.31

日本でも始まったKDP(キンドルダイレクト・パブリッシング)は、ePubトラップ多すぎだが、やっぱり挑戦してみたい素敵な仕組み




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

kindleの本丸は、ハードウェアのkindleではなくて、kindleストアだよという話をしたばかりですが、kindleには、もう1つの本丸があります。

ええ、それは書店どころか、出版社も通さずにアマゾン経由で出版する、ダイレクト出版であるKDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)です。

KDP00

 リンク: Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon Kindleストアで出版.

私は、事前研究があまり得意でない上に、下手くそなので、始まったということは理解しつつも、つらつらと何ができるのかなあと、KDPの画面を見ていました。

KDP02

もちろん、頭の片隅には、 Gene Mapperという成功事例のことがあったことは、言うまでもありません。

そうこうするうちに、そういえば、そのうち機会があれば書こうと思っていたネタがあったことを思い出しました。

それは、あのプロブロガー本に対する、もう1つの答えを提供することになるかもしれず、とはいえ、いわゆるキャリアプランの本になるはずもなく、さてどうしたものかと思っていたネタです。

こういう曖昧模糊とした本は、出版社と話をしている間に、他のパッケージに絡め取られてしまうこともあり、とはいえなにか切り口がないと、形にもできないよなあと、ここのところ思っていたところで、そこにちょっと切り口めいたものが、少し見えたというわけです。

ということで、ちょっと真剣にKDPを見てみると、けっこうツールが揃っています。

 リンク: Amazon.co.jp:Kindle ダイレクト・パブリッシング:ヘルプ:KDPツールとリソース.

Macユーザー向けのヘルプもあります。

 リンク: Amazon.co.jp:Kindle ダイレクト・パブリッシング:ヘルプ:本を用意する Macユーザー向けの出版.

で、他にもいろいろと調べていくと、アマゾンKDPのファイルフォーマットである「.mobi」は、ePubの変形みたいなものなので、要するにePubを作って、KDPにアップするというのが、いちばんよさそうなことがわかりました。

KDP03

となると、Macユーザーであれば、便利なのがPages。早速、そのレイアウトを使って、ちょっとサンプルを作って、ePubに出力しようとしたら、まず最初のトラップ登場。

 リンク: Pages で ePub ファイルを作成する方法.

Pages でワープロ書類を作成し、ePub ファイルフォーマットで書き出せば、iPad、iPhone、または iPod touch で iBooks アプリケーションなどの ePub リーダーを使って、書類を読むことできます。「ページレイアウト」テンプレートで作成した書類は、ePub フォーマットで書き出すことはできません。

ということで、レイアウトを変更して、コピペしたら、ePubに出力できました。

わーい!ということで、Kindleプレビューツールで確認してみると、なにかがおかしい。

KDP21

つまり、画像とテキストが、Pagesで設定した通りに、kindledのプレビューでは反映されていないのです。

うーん、これは困ったな。

ということで、KDPのページにワードファイルからのアップも日本では試験的に開始していますと書かれていたので、一応やってみました。

KDP10

予想通りのエラー(笑)。まあ、こんなもの、うまくいくわけがないので、一応奇跡があるかもしれないと、やってみただけのことです。

で、さらに調べていくと、やはりインデザインのところにたどりつきます。インデザインには、Kindle用のプラグインがあるんんですよね。

 リンク: Kindle Plugin for Adobe InDesign®  (Beta).

インデザインも、今なら月額で利用できますから、私みたいにいつも使うわけではない人にとっても、いいかもしれない。

 リンク: プラン : Adobe Creative Cloud.

でも、なんかいやな予感がして、友人のDTPの職人に確認してみると、要するにやめておこうという結論に(笑)。

以下、要約。

  • ePubはマルチデバイス対応、これが大前提
  • レイアウトがハードの変更に合わせて可変になると、問題になってくるのが、画像と章の区切り、それに伴うページの計算としおりの挟み込み
  • ルビがかなりの魔物
  • 他にもマルチデバイス対応であるが故の必要としないタグ情報もたくさんある
  • いろいろなエラーの出元をたどると大抵ワードw
  • 回り込みとか、できるって言われてもやりたくない
  • 結局、マルチデバイス対応をやるが故に、いろいろと安全・保険を見ておかないといけない
  • 画像のせいで、文字が隠れて見えなくなるなんてことになるのが最悪
  • ということで、画像はもう単独ページにするのが心の安心
  • 縦書きとルビはなしでw
  • PDFのときと同じです、新フォーマットが出てくるといろいろやり直しというのが苦行ですよw
  • ある意味では、青空文庫方式が最強

要するに、KDPうんぬんではなくて、まずはePubがかなりの魔物なわけです。

「ePubが本のフォーマットだと?ちがうね!こいつは生まれついてのxmlだッ!」

そんなわけで、KDPも、ePubの呪縛から逃れられないのです。

ただ、これも忘れがちなんですけど、本でこれだけ表現豊かになったのは、基本的にはDTP普及以降の話であって、そこには印刷現場でのDTPから印刷への膨大なノウハウに支えられているわけです。

だから、ePubでいきなり今の紙の本に近い表現を考えることが、そもそも無理ゲーなわけなので、シンプルに構成するのがいちばんなわけです。

もしくは、ePubそのもののバージョンアップ待ちということでしょうか。

ということで、もういろいろとあきらめて、Pagesで再挑戦しようと思って、またいろいろと見ていると、なんだちゃんとサンプルを配布しているじゃん!偉いぞ、アップル。

 リンク: Pages で ePub ファイルを作成する方法.

ePub フォーマットの使用に関する詳細や、iBooks での Pages 書類の表示具合を確認するには、「ePub Best Practices」サンプル書類をダウンロードすることをお勧めします。サンプル書類に記載されているガイドラインと手順を読んだ後、書類をテンプレー トとして使って、あなた自身の書類を作成することができます。新規書類を作成し、サンプル書類のスタイルを読み込むこともできます。

ということで、ようやくもう少しまともなサンプルを作るための準備がやっと整ったところです。いや、まだまだトラップありそうですが(笑)。

なんで、そんなにトラップあるのに、KDPに挑戦してみようかと思うと、やっぱりいい場が形成されるのではないかという予感があるからです。

 リンク: 電子出版のススメ:Kindle Direct Publishing体験記 | 辺境社会研究室.

ただ、儲かる儲からないとは別の話で、やっぱりKindle Direct Publishingってすごく面白い遊び場になるんじゃないかと言いたい。世の中にはなんだかんだとまとまった文章を書いている人がたくさんいるわけだ けど、いまはブログ以上に長い文章を出せる場所がない。対価をもらえる仕組みもほとんどない。Kindle Direct Publishingはそうした文書の受け皿になって、同人誌的な表現の場としても、研究史的な報告の場としても利用することができる。

著者として、ブログと違って、KDPに載せるメリットってなんだろうということを考えてみると、以下のような感じになります。

特に個人的には、アップデートとアフィリエイトがとても大事で、これができないから有料メルマガはやりたくないなあと思うわけです。そして、これがあれば、コミュニティへコンテンツとお金の2つの還元ができるわけです。

さて、肝心のKDPで何を出すのかというネタについてですが、これはもう少しましなサンプルが作れるようになったら、告知したいと思います。

ePubであるがゆえのKDPのトラップは、あと何個あるんでしょうね(笑)。

« 大感謝!ひらくPCバッグが売れたのは、ホントにホントにみなさんのレビューのおかげです | トップページ | 10年目にしてやっとやってきた2代目ライフスライス端末「Memoto」、これでまたライフログに物語が生まれるはずです »

投稿:by 2012 10 31 10:30 AM [KDP(キンドルダイレクト・パブリッシング)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/55994848

この記事へのトラックバック一覧です: 日本でも始まったKDP(キンドルダイレクト・パブリッシング)は、ePubトラップ多すぎだが、やっぱり挑戦してみたい素敵な仕組み:

» 『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』地蔵重樹 from 私の通勤読書メモ
今回は読書メモではなく、拙著の宣伝です。 この度、日本実業出版社さんから、『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』という本を出版しました。 私にとっては2冊目の商業出版となります。 ライターやコンサルタントなどのプロの世界では普通…... 続きを読む

受信: Nov 4, 2012 9:57:09 AM

 
We are bloggers.