みたいもん

トップ > KDP(キンドルダイレクト・パブリッシング) > 『残念な聖戦』の第3版で解説書きました&アダルトカテゴリー脱出おめでとう!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.01.23

『残念な聖戦』の第3版で解説書きました&アダルトカテゴリー脱出おめでとう!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

各方面で話題になっている『残念な聖戦』の第3版が出ました。

ひとめでわかることは、表紙が変わったことですね。

残念な聖戦
B00A3EXJP6

 リンク: 『残念な聖戦』アダルトカテゴリ脱出&第三版リリース記念! 購入者にEPUB(mobi)ファイルプレゼント : ノベラブルブロガブルシステムズ.

2012年11月3日の初版から、アダルトカテゴリに閉じ込められていた『残念な聖戦』ですが、表紙を変えて再申請したことでやっと脱出がかないました。それにあわせて、準備していた第三版を本日リリースいたしました。もう年齢認証とはおさらばだ

そして、なによりもめでたいのは、これでアダルトカテゴリーから脱出できたこと。これでランキングにも掲載されるし、よかったよかった。

とはいえ、やっかいなのは、旧版である初版と第2版を買った人たちへの対応ですね。

現状KDPのアップデートをユーザーがやるのは、かなり面倒なことになっています。

 リンク: 内容が増補・更新された最新版のKindle本を再ダウンロードする方法 - 忌川タツヤのKindleは友達さ!.

KDPのサポートの情報なんかを見ると、いかにも簡単にできそうなことが書かれているんですが、正直現実的じゃない。

今回の『残念な聖戦』のアップデートについては、私はアマゾンのMy Kindleのページからダウンロードしましたけど、そもそもこんな画面があることも、ほとんど知られていないと思います。

zannen3

 リンク: Amazon.co.jp:Kindleストア:My Kindle.

たしかにページとか文章量とかが大幅に変わってしまうと、ブックマークとか、ハイライトの情報を引き継ぐことがむずかしくなってしまうので、むずかしい部分はあるんですが、それにしても、できそうでできないって、実にもどかしいものです。

そんなわけなので、『残念な聖戦』の旧版と第2版の人が、私が書いた解説を読む機会をなかなか想像できないので、著者に許可をもらって、全文掲載しておきます。

以下、第3版から追加された私が書いた解説です。どうじょー。

▼「残念な聖戦」解説・いしたにまさき

 この「残念な聖戦」も第3版ということで、このたび解説の役目を仰せつかったいしたにです。普段は、ブログとか記事とか書籍を書き、内閣広報室や他にもネット系のアドバイザーとかをやりつつ、カバンのプロデュースなんかもやっております。

 さて、なぜ私が今回解説を書いているかというと、そもそもブログで書かれていたこの小説をKDPで出しなされと言ったのは、他ならぬこの私だからです。みんな、私に感謝するように。

 私が最初に「残念な聖戦」を読んだのは、まだKDPでこの本の形になる前のWeb版のときでした。せっかく、スマホでじっくり書かれた小説なのだから、どうせならスマホでじっくり読もうと決めて読み始めたのですが、いきなりヤマディアン山田が超お気に入りキャラになり、つまりがっちり小説世界に入り込ん で、仕事そっちのけで、すごい勢いで読み始めたことをよく記憶しています。

 そして、少しばかりの自慢をひとつ。そんなわけで、ヤマディアン山田好きの私ですが、だいたい3章ぐらいまでを読んだところで、小説のテーマが見えてきたので、代々木先生に「この小説ってこういうことでしょ」とメッセージを送ったのです。

→いしたにまさき「この小説って、なにか特定の領域に対して怒っているのではなくて、世の中がなにかひとつの正義とか基準で成り立っていることに怒っているように思うわけです」
→代々木犬助「え、最後まで読まずに、そこまでわかっちゃんですか?それって、最終章の最後の1センテンスあたりに書いてるんですけどw」

 これは、なにも私の本読みとしての能力の高さをお披露目したかったというわけではありません。こういう読み取りができるということは、この「残念な聖戦」が、ものすごく十分に小説として、ある一定のクオリティに達しているということなのです。だから、私は最後まで読み切る前に、とにかくさっさと準備してKDPで出版してしまえ!と半ば脅迫したのです。そして、その脅迫が大正解であったことは、この解説を読んでいただけている人にとっては、もはや自明のことであると思います。

 この小説は、これだけのクオリティを持った処女作として発表されたにもかかわらず、なぜかアマゾンではアダルトのカテゴリーに分類され、そのため一般小 説のジャンルのランキングに表示されることがありませんでした。それでもブログやツイッターなどで紹介され続けることで、読者を次々に獲得していきました。この地下水脈で話題が広がっていくようなこの小説を巡る動き、それはまるでこの小説で起きた事件を、この小説自身が自らの役割を理解していたかのように、現実化していったかのように私には思えるのです。

 優れた小説というのは、それがフィクションである故に、ノンフィクションとしての現実を予言するかのように振る舞うことがあります。日本でのKDP黎明期に、KDPをいうシステムを、作者がそう望んだかどうかは知りませんが、愉快犯のように茶化した小説があったことをここに記録して、解説の終わりとしたいと思います。

2013年1月11日 いしたにまさき

ということで、また再び『残念な聖戦』をよろしくお願いします。

処女作だけに許される輝きというのが、この本にはちゃんとあるので、ホントみんな読んだ方がいいよ。

残念な聖戦
B00A3EXJP6

« 下北沢B&Bで電子書籍のリアル展示とKDP応援イベント第2弾『このダイレクト出版がすごい!Vol.1』開催 | トップページ | NewA-Classの貞本キャラフィギュアまさかの当選、そして忍び寄る工場夜景的モチーフについて(ハロプロ) »

投稿:by 2013 01 23 08:49 PM [KDP(キンドルダイレクト・パブリッシング)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/56601793

この記事へのトラックバック一覧です: 『残念な聖戦』の第3版で解説書きました&アダルトカテゴリー脱出おめでとう!:

 
We are bloggers.