みたいもん

トップ > MacBook Air > WWDC2013キーノート、iOS7のフラットデザイン&レイヤーの採用は画面の狭さを解決するアップルの円熟となるか?

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.06.11

WWDC2013キーノート、iOS7のフラットデザイン&レイヤーの採用は画面の狭さを解決するアップルの円熟となるか?




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルのWWDC2013のキーノートが終わりました。今年は、久しぶりに何人かでわいわいしながら、日本では深夜の時間に、WWDC2013キーノート・アップル公式の中継を見ていました。

とりあえず、アップルの新製品は、発表された日に買うかどうかを決めて、その考えは次の新製品まで変更しない、というのが、私のアップル製品に対する姿勢なので、私は今回は見送りです。

Macbook Pro Retina+iPhone5+iPad miniを使っているので、今回は特に変えるべきものはないですからね。

今回の勝ち組は、ここまでMacbook Airを買うのを我慢した人たちではないかと思います。

Macbook Air 11インチでバッテリー駆動が9時間。Macbook Air 13インチでバッテリー駆動が12時間。これはすごい。

WWDC 2013 keynote Macbook Air

そりゃ、ホントはRetinaの方がいいんでしょうけど、Retinaディスプレイでないことを我慢できるなら、今回のロングバッテリーはホントすばらしい。

そして、ここはインテルの新チップ(Haswell)が優れているという話もあるんでしょうけど、やはりソフトウェアとハードウェアをいっしょに作っていて、新チップのアドバンテージを最速で実現するアップルすげえなあということですね。

 リンク: MacBook Air - ノートパソコンの購入 - MacBook Airの購入 - Apple Store (Japan) - Apple Store (Japan).

私も、11インチがかなり欲しくなりましたけど、MBPRの満足度がすごく高いので、やっぱり見送りですね。でも。LTEが内蔵されていたら、即買ってたと思います。あ、でも「AirMac Extreme」は、ひょっとしたら、あとで買うかもしれないです。

Mac OSでは、やっとマルチスクリーンがまともに動きそうな感じになってきたことが大きいですね。iCloud Keychainも地味に大事。

 リンク: 速報:アップル WWDC 2013基調講演。iOS 7、OS X Mavericks、新MacBook Air、新Mac Pro発表 - Engadget Japanese.

OS関連やウェブのログインだけでなく、さまざまなパスワードを常時暗号化でクラウド保存。trusted device でのみ動く。

そして、ここ何年か放置されてきたMac Pro。

 リンク: Apple - Mac Pro.

いろいろと余計なことを言ってしまいましたが、4Kを視野に入れたハードウェア性能を搭載してきて(拡張どうするんだって話はあるけど)、これでやっとPro仕様になったという感じですね。

iWorksは、そのままGoogle Docとのガチンコ勝負。ホント、アップルとグーグルが違うアプローチで、同じターゲットを見るしかなくなってきたということなんでしょうか。

 リンク: 速報:アップル WWDC 2013基調講演。iOS 7、OS X Mavericks、新MacBook Air、新Mac Pro発表 - Engadget Japanese.

IE10やChromeにも対応。作成したらそのままiOSでデモ。

さて、いちばん大事なiOS。まずは「iOS 7 Video」のビデオをどうぞ。

iOS 7 Video

 リンク: Apple - iOS 7.

事前に流れていたように、ある意味Windows Phoneが先駆けになったフラットデザインを全面に採用してきました。

ただ、なんでフラットデザインなの?というところに対しても、やはり答えがありました。それがレイヤーの採用です。

わかりにくいので、ちょっと説明しましょう。

ここ最近のスマホのデザインは、画面の狭さをどうするか?という問題に対してのチャレンジだったと思います。

アンドロイドは、通知センターはウィジェット、さらにスマホのハードウェアの画面そのものを大きくするという方向です。

Windows Phoneは、今見ている画面を水平方向にも展開するという方向。ここにHubという考え方が加わることで、スマホでどう情報にアプローチするかというところまで、UIに落とし込んでいます。

iPhone・iOSは、ここまでその画面問題については、回答を提示してきていませんでした。

iOS7で、やっとその答えが見えたということです。すべての画面をレイヤーで表示させることが可能になれば、単純に画面は倍になります。

しかも、「iOS 7 Video」のビデオを見る限り、前レイヤーの画面が出てきても、その後ろに画面がアクティブであることをちゃんと画面を透かすことで見せています。

これまでのiOSやアップルのデザインを見ていれば、そりゃそうだって感じです。

これが何を意味するのかというと、iOS7を使っているときには、レイヤーが存在していて、下の画面や上の画面が透けているという状態に、しょっちゅうなるということです。

そうなってしまうと、いちばんベースになるこれまでのホーム画面的なものが、これまでと同じデザインだと、単純に見にくくなることが想像できます。だから、フラットデザインの採用ということなんです。

画面がレイヤーで重なる前提になると、ひとつひとつの画面が複雑な意匠を持っていることは、下手すると害悪にすらなりかねません。この複雑さのデザインによる解決は、なかなかのものです。

ただ、懸念はあって、レイヤーって、一度理解してしまうと、とても便利なんですが、便利さのための学習がどうしても必要になります。

その証拠に、今回のiOS7では、アクションが増えたことが「See iOS in action」とアピールされています。

この先は、もう実際に触ってみて判断するしかないので、ここから先の憶測はやめますが、これが円熟となるのか、行き過ぎとなるのかという視点で、また追いかけたいと思います。

Google I/O 2013もそうでしたが、WWDC 2013も、革新的なものを出すというよりも、すでにある問題を解決するカウンターという形が目立ちました。

さすがのシリコンバレーもネタ切れってことではないんでしょうが、スマホ・タブレットシフトが確定したところで、さあここからさらに何をやっていきますか?という意味では、やはり技術力とデザイン力を見せつけられたWWDCであったと思います。

で!

このWWDCが開催されているモスコーニセンターから気になる入電がありました。

要するに、これひらくPCバッグのことだったんですが、自分が設計したカバンが、WWDCの会場で活躍しているという話を聞くのは、なんとも胸熱な話です。

他にもWWDCの会場で、ひらくPCバッグを見かけた人がいたら、ぜひご報告ください。

 リンク: ひらくPCバッグ - スーパーコンシューマー.

なぜか、私は街中で、ひらくPCバッグを使っている人をぜんぜん見たことがないのですが、ツイッターなどでよくみなさんに報告してもらうのが、とてもうれしいので、今後ともみなさんよろしくお願いします。

« 世界中を自転車でグーグルストリートビューで巡ることができる「Virtual Cycling」をお願いだから、おれに体験させてくれ! | トップページ | PerfumeライブDVDがブルーレイ化、そして気づけばオフィシャルがきっちりソーシャル対応していることに超感心した »

投稿:by 2013 06 11 12:52 PM [MacBook Air] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/57568907

この記事へのトラックバック一覧です: WWDC2013キーノート、iOS7のフラットデザイン&レイヤーの採用は画面の狭さを解決するアップルの円熟となるか?:

 
We are bloggers.