みたいもん

トップ > オタクが世界を救う > ホンダがセナの走行データで世界最高レベルのAR技術を使ってみせてくれたログデータのすごさ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.07.26

ホンダがセナの走行データで世界最高レベルのAR技術を使ってみせてくれたログデータのすごさ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

HONDAが1本のYoutube動画を公開しています。これは、ホントにすごいものを見せられた、、、。

個人的には、自分が見たYoutube動画の中でも、歴代何本かの指にまちがいなく入るすごい動画です。すでに、10回以上見てます。

でも、何度みても見飽きないどころか、最後に出てくるメッセージの意味を、いろんな角度から、いろいろと考え続けています。

 リンク: Ayrton Senna 1989.

この動画の最後は、こんな言葉が出てきます。

「あの日、セナの走りを支えていた技術を。今すべてのドライバーのために」

そして、この動画が HondaのinternaviのPR/広報の動画であることを、われわれは知るわけです。

internavi Pocket App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

そして、そこには「走行データでドライブをデザインする。internavi」とキャプションが残ります。

この音だけのセナの動画に続けて、この2つの言葉を並べてくるホンダさん!ホンダさん!、まじでかっこいいっす!

そして、今は最初はついてなかった英語のキャプションも入っています。

  • 今すべてのドライバーのために=Now for your perfect driving experience.
  • 走行データでドライブをデザインする=Driving with the power of data.

こういうメッセージには、やっぱ英語って言語は向いてますね。

さて、このホンダ動画「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」の何に感動しているかというと、それはデータ取得に対する企業の姿勢なんです。

その姿勢のすごさの前では、正直「セナの音を再現した」とか「鈴鹿サーキットにスピーカーを並べまくった」なんてことは、枝葉です。

ビックデータということが言われる前からずっと、個人のデータを企業がどう取得して、どう扱っているのかということは、ネットの大きなトピックスでした。

セキュリティとか、情報の開示とか、オプトインとかなんとか、いろいろなものがありますが、そこは、本丸だと思ってません。

問題は、自分が提供したデータがどう使われるのか?ということに対する期待感です。ホントに役に立つかどうかなんてことは、そのデータが使われるときになるまでわかりませんから、事前に検証することなんてできません。

でも、この期待感があれば、人はデータを託します。そして、その託されたデータが未来を作るのです。

そして、その期待感の演出という意味では、「セナ・ホンダ・マクラーレン・鈴鹿サーキット」という舞台で、夜に光と音でデータを可視化する以上のものがないことは、ちょっと車に興味があれば、すぐに伝わることです。

さて、ここでもう一度ホンダが取得し活用しようとしているデータとはなんなのか?ということを整理しておきましょう。

  • セナは、レース場での走行の速さのために=F1のテレメトリーシステム
  • 普通のドライバーにとっては、一般道と高速道路走行の快適さと安全のために=internavi(インターナビ)

ということは、ホンダのデータというのは、「走っている実車からデータを収集して、車の走りのためにドライバーに情報を整理してフィードバックする」と考えていいでしょう。

そう!

メーカーである自分たちのためにホンダは、データを取得しているのではなく、ドライバーであるわれわれのために、そのデータは存在しているのです。その企業姿勢というのは、ユーザーであるわれわれに伝わらないわけがありません。

インターナビで提供されているアプリというのは、このドライバーのためにという思想で基本貫かれています。

Sound of Honda App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

 リンク: Honda iPhoneアプリケーションズ|インターナビ ポケット.

そういう会社だから、東日本大震災のときは「通行実績情報マップ」をしれっと提供するんですよね。

P1000427

そして、それを進化させた「インターナビ安否確認システム」というのも、すでに開発されているわけです。

そんなわけで、当時のホンダがすごかったとか、セナがすごかったなんてことは、当たり前すぎる話で、ログデータを残すということが、どれだけ未来に夢を残すということなのかという意味で、この「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」のメイキング動画をどうぞ。

「データの残り方は、どうでもいい。紙でもなんでもよくて、とにかく残っていることが大事なんだ」ということが、ホントによくわかるメイキングです。

なんで、ホンダはここまでやるんだろうか?と思うわけですが、これは、プロジェクトの規模とか、そういうことじゃなくて、やっぱこれがホンダスピリットってやつなんだと思います。

ええ、ちょっと言いすぎかもしれませんけど、私、次に車を買う機会があったら、ホンダ車を買おうかなと思いましたよ。うん、ホントホント。

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
453219069X

1/20 マクラーレン・Honda MP4/5 モナコGP 1989年 (GP16)
B003982AMG

トミカリミテッド 0134 Honda NSXーR
B004X46E8G

【追記】

ツイッターで、この「Sound of Honda」にかかわった方のコメントを教えてもらいました。

【さらに追記】

F1ビジネス―もう一つの自動車戦争 (角川oneテーマ21)
4047100455

 リンク: F1ビジネス、企業スポーツからの脱却 by 田中詔一HRD元社長 : F1通信.

« Canon PowerShot Nモニター:どんな写真になるかわからないからこそ、子ども向けカメラとして使える | トップページ | 【発売先行モニター】Canon EOS70DのデュアルピクセルCMOSは、デジタル一眼レフ動画の新しい歴史を生み出した »

投稿:by 2013 07 26 10:30 AM [オタクが世界を救う] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/57861549

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダがセナの走行データで世界最高レベルのAR技術を使ってみせてくれたログデータのすごさ:

 
We are bloggers.