みたいもん

トップ > 一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ) > デジタル一眼レフの歴史を変えたEOS 5D Mark IIがついに引退したので、5年のユーザー体験でそのすごさを話しますよ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.07.17

デジタル一眼レフの歴史を変えたEOS 5D Mark IIがついに引退したので、5年のユーザー体験でそのすごさを話しますよ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに、EOS 5D Mark IIが生産終了とのことです。個人的には、ひとつの時代が終わったという感じです。

EOS 5D Mark IIというのは、個人的な経験でも、デジカメの歴史という意味でも、大事な名機です。

個人的な経験は、あとまわしにして、まずはデジカメの歴史の中でのEOS 5D Mark IIの話。

 リンク: EOS 5D Mark IIがAmazonでもディスコンになってた: mono-logue.

スチルカメラとしてももちろん優秀なのだけど、それ以上に動画機能が注目され、大判センサーによるムービー制作という流れを牽引したEOS 5D Mark IIが世にでたのが約5年前。

そう、EOS 5D Mark II以前に、一眼レフに動画機能はありませんでした。当初は、おまけでつけられたこの動画機能が、その後のデジカメの歴史を変えてしまったわけです。

また、ファームアップで、おまけ機能から動画性能をジャンプアップ(フレームレートと録音レベル調整機能の追加)させたのも、ファームアップで、ここまでできるという流れを作ったと思っています。

もちろん、スチルとしても、1台にデジカメの登場で、ここまで画質が変化することは、この先もうないのではないかと思うほどの変化が、EOS 5D Mark II以前 / 以後でありました。

この辺の話は、極上カメラ100に詳しく書かれています。

極上カメラ100 (エイムック 2549)
4777925994

そのため、発売開始から5年経った今でも、まさに現役のカメラです。それは、例えば、flickrのCamera Finderのデータからも、一目瞭然です。

Camera Finder_Canon-EOS 5D Mark II

 リンク: Flickr: Camera Finder: Canon: EOS 5D Mark II.

  • まだ撮影枚数が伸びている
  • Canonのカメラでランキング1位
  • 1日で約12万枚のアップロード

これ、しつこいですが、5年前に発売されたデジカメの最新の数字ですからね。

年前に、どう考えても、当時の自分にはオーバースペックだったけど、無理して買った私の判断の正しさを、誰かほめてください。

で、ここから個人的なEOS 5D Mark2体験。私が、EOS 5D Mark2を使い続けたおかげで、カメラに教えられたことでいちばんよかったことは、「カメラは結局、長く使い続けることができるカメラを買うのが正解」ということです。

私が、最初にEOS 5D Mark2を買った理由は、明快で、要するに12-24mmの広角レンズをフルスペックで使いたかったからです。

SIGMA 広角ズームレンズ 12-24mm F4.5-5.6IIDG HSM キヤノン用 フルサイズ対応
B004M18N2U

ということで、最初はこんな感じの写真ばっかり撮っていました。

IMG_0097

そのうち、工場も撮るようになり、

IMG_7347

そりゃ、ガンダムとかも撮りますわな、

IMG_3349

風景の中の物撮りなんかも面白くなりましたし、

IMG_9997

この辺から、人を撮るのも面白くなってきた記憶があります。

IMG_6036

また、被写体次第で、写真はいくらでもよくなることも教えてもらいましたし、

IMG_9827

まあ、モデルがいいといいですよね。

IMG_3883_DxO

あれだけ使うのを拒否していたフラッシュも、この写真をきっかけに、ポートレートでは、ちゃんと使うようになってきました。

IMG_2368_DxO

ということで、EOS 5D Mark2ご苦労様。

私としては、この先、このカメラ以上に、ひとつの機材に心身ともに感謝するということはないような気がします。ホントにありがとう。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII
B001G8XZSE

いや!まだ、あと数年はまだ使い続けるような気がしますよ。

もちろん、今となっては、EOS 5D Mark3があります。また、これがすばらしいカメラなんですよね。

CANON デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III  約2230万画素フルサイズ DIGIC 5+(プラス) 3.2型ワイド液晶モニター EOS5DMK3
B007G3SSP8

 リンク: 「EOS 5D Mark III」で高感度ISO12800のホントすごみは手持ち撮影でのパフォーマンスである:[mi]みたいもん!.

上のモニター記事は、大きな反響になりましたし、今でも、EOS 5D Mark3は欲しいといえば欲しいのですが、それでも、まだEOS 5D Mark2を使い続けるのは、5年使っている愛着と価格差の問題ですね。

さらに、その後、これもある意味EOS 5D Mark2の後継と言えるEOS 6Dが発売されました。これも、サイズ感とグリップ感で、ホントいいカメラ。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D
B009C6VADE

 リンク: 「EOS 6D」モニター、すてきなグリップとボディでやっぱり使って気持ちがいいデジタル一眼レフです:[mi]みたいもん!.

そして、EOS 5D Mark2を買ったおかげで、もう1つ副次的によかったことは、この数年、新しいデジタル一眼レフカメラが発売されても、新製品に心が揺れて、買いたい買いたい欲求がほとんど起きなくなったことです。

これ、笑い話ではありますが、でも、隙あれば新しいデジカメを買いたいと思っているような人にとっては、地味にすごく効く話だと思います。

今、どのカメラを買うか?ということでは、正直、5D Mark3でも、6Dでも、どっち買ってもまちがいないので、自分が長く付き合えそうなカメラは、どっちだろうという基準で選ぶといいのではないかと思います。

リンク: EOS 5D Mark IIがAmazonでもディスコンになってた: mono-logue.

にしても、いま、薦めるなら6Dか70Dか悩ましいところ。 フルサイズの画のもつ力、はなるべく早くから触れて欲しいのだけど、70Dの動画性能は明らかに新世代だからなあ・・・。

とはいえ、70Dも発表されましたし、、、そのうち7D Mark2も出るだろうし、、、

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D
B00DQIBF84

でたでた、これですよ。このお悩みタイム…。これが、楽しい時間なんですが、ホント厄介なんです(笑)。

さて、私は一体いつ次に新しいメインデジタル一眼レフカメラを買い換えるんでしょうね。

でね!

ホント話としては、関係ないんですが、長く続いたもの、歴史を変えたものが終わると、どうしてこうもさみしいんだろうという話をひとつ。

 リンク: カトゆー家断絶.

サイト開設12周年だー!! ということで唐突ですが長らくご愛顧頂きましたニュース更新は本日で終了します。カトゆー氏の次回作にご期待ください。

私は、カトゆーさん(達)には、お会いしたことはないのですが、このブログの記事は、過去に何度か取り上げてもらって、その度にトラフィックが流れてきて、この12年という数字の持つ重さを感じています(ずっと掲載し続けたOCNもすごいよね)。

カトゆーさんのことですから、そう遠くないうちに、次回作が登場するとは思うのですが、とにかくお疲れさまでした!

« [PR]ローソン「フローズンスイーツ」レビュー後編:このソーダはおれの中では歴代屈指のソーダアイス | トップページ | きっと22世紀まで愛される雪印コーヒーの『オレたちのゆきこたんプロジェクト 』 »

投稿:by 2013 07 17 03:29 AM [一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼レフの歴史を変えたEOS 5D Mark IIがついに引退したので、5年のユーザー体験でそのすごさを話しますよ:

 
We are bloggers.