みたいもん

トップ > KDP(キンドルダイレクト・パブリッシング), ベトナム滞在記, 旅行先でその滞在地に関係がある小説を読む > ジーンマッパー(Gene Mapper)をホーチミンで読むという実に幸福な時間

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.09.18

ジーンマッパー(Gene Mapper)をホーチミンで読むという実に幸福な時間




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月末、仕事・取材・観光などで、ベトナムに1週間ほど滞在していました。滞在した都市は、ダナンとホーチミン。

当初、ホーチミンには行くつもりはなかったのですが、せっかくベトナムまで行ったのだから、ホーチミンに行ってもいいのではないか?と思ってみたところ、ホーチミンに行く理由がいくつか見つかったので、ホーチミンまで足を伸ばしたというわけです。

その理由は、いくつかあり、やはりホーチミンほどの街ですから、行ってみての発見もたくさんありました。で、どこから書き始めようかと悩んでいたのですが、やっぱりここから始めようと思ったので、このエントリーを書き始めている次第です。

で、そのホーチミンに行く理由ですね。

私には、ちょっとした趣味がありまして、それが「その物語が舞台になった街で、その物語を読む」というものなんです。

ものすごく一生懸命に聖地巡礼的なことをやっているわけではないのですが、この趣味は、アニメではなくて、小説でやるのが醍醐味です。

ということで、今回の小説は、ジーンマッパー(Gene Mapper)=ホーチミンです。

DSCF3706

 リンク: Gene Mapper | Official Web Site.

原因を探るため、林田は「キタムラ」と名乗る人物に誘われ、2014年に封鎖されたインターネットが生きている街、ホーチミンへ飛ぶ。

 リンク: Democratic Republic of Vietnam.

『Gene Mapper』は第二部から舞台をホーチミン市に移す。熱気に満ちあふれた魅力ある都市が25年後もそうであって欲しいという願いから、活躍する場をそこに移すことにした。

でねー。やっぱ、ホーチミンで、ジーンマッパーを読んだ時間は、いい時間でした。ホントよかったなあ。

なんで、わざわざこんなことをするのかというと、それは現地の空気を感じるとわかることってのがあるんですよ。

行く前には、なぜホーチミン?ということに関しては、ジーンマッパーで重要な舞台となる水稲が栽培されるメコンデルタの入口の都市ぐらいのものだと思っていました。

でも、それ以上に街で時間を過ごしていると、身体に染みこんでくるのは、ベトナムのカフェ文化と、あの「コンデンスミルクを3秒注ぎ込んだ」ベトナムコーヒーです。

あとね、やっぱグェンさんみたいな女性が、ちゃんとホーチミンにはいるんですよ。ウソじゃないよ!

作者の藤井さんが、フィクションである物語に強度を与えるために、事実からいろいろなことを引用していることは、例えば第2部の冒頭で出てくる運航便に「サンフランシスコから成田を経由して飛んできた機体」という記述があることからもわかります。

 リンク: 初小説がアマゾンで1位に。KindleデビューのコツをGene Mapper作者に聞く.

――ちなみに、『Gene Mapper』で初台のカフェが出てきましたが、なぜ初台だったんでしょうか。 藤井:あれは実はアップルの跡地なんです。オペラシティのある場所ですね。

また、藤井さんというのは、要するになんでもできてしまう人なので、正体不明というか、持ち味がありまくるというか、引き出し多すぎなんです。

だから、ジーンマッパーがどこからきた物語なのかということの手がかりがあるようなでないような感じがあります。でも、ホーチミンの街にいると感じられることは、まさにジーンマッパーの中に、手を変え品を変え登場します。

DSCF3737

ということで、ジーンマッパーを読んだみなさんは、ぜひホーチミンへ。ホーチミンに行く予定のある人は、ぜひジーンマッパーをどうぞ。

Gene Mapper -core- (ジーン・マッパー コア) - kindle版

Gene Mapper -full build- - kindle版

Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)
4150311072

« iPhone5sが見せるデジタル端末の未来は、やはり指紋認証の先にある | トップページ | やっと、艦これ(艦隊これくしょん)で新規提督をはじめることができそうです »

投稿:by 2013 09 18 12:30 PM [KDP(キンドルダイレクト・パブリッシング), ベトナム滞在記, 旅行先でその滞在地に関係がある小説を読む] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/58200950

この記事へのトラックバック一覧です: ジーンマッパー(Gene Mapper)をホーチミンで読むという実に幸福な時間:

 
We are bloggers.