みたいもん

トップ > OM-D, E-M5 > 2013年の秋、何を買うのか猛烈に悩んだ末にOM-D(E-M5)をさらに増強させることにした

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.11.13

2013年の秋、何を買うのか猛烈に悩んだ末にOM-D(E-M5)をさらに増強させることにした




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年の秋ほど、今年何を買うのか?ということを悩んだ時期はないのではないかというほどに、猛烈に買い物に悩んでいます。

それというのも、ソニーのしわざです。

まさかのフルサイズαでEマウント(しかもこれまでのEマウントとも違う)で、しかもこれまでのハイスペックミラーレスと同じ価格帯にフルサイズをぶちこんでくるという猛攻です。

ここにきて、早速いろいろとα7とα7Rの画像がどんどん公開されています。

リンク: α7Rとα7の違いと比較 | デジカメレポート.

α7Rはローパスフィルターレスと画素数の多さ、それにコントラストAFで速度より精度ということから、風景撮影などの静物撮影ではα7Rのほうがお薦めになります。風景撮影などの解像度重視の被写体が多いのなら、α7よりもα7Rになります。α7はα7Rより価格が抑えられていても、決して劣っていることもなく、優れているところもあります。ソニーがα7を単にα7Rの下位機種と明確に分かるように機能の差を付けなかったところに、価格が安くても性能を重視する姿勢があらわれています。α7の性能があれば、ハイアマチュア層でも満足できる機能です。α7Rかα7かを決めるのは、結局は、どういう被写体を撮ってどういう写真を撮りたいのかという撮影スタイルによって決まってきます。

リンク: Sony A7R Review: First Shots.

さらに、気になる話があって、今後NEXクラスもフルサイズ化していくのではないかという話。

 リンク: Sony フルサイズを積んだNEX-5の意匠:エンジニアの嗜み:So-netブログ.

α7/Rのサンプル画像が各サイトで公開されています。 画質の判断をするにはいささか早計なのですが、高い解像感の写りもあればコンデジ並の写りもあり、少々心配です。

しかも、こんなこと書いてあるし、、、。

うーむ。

ということで、私の結論としては、買うならα7R。でもねえ、やっぱレンズのラインナップがなさすぎで、今のOM-Dから切り替えるには、ちょっと心もとないんです。

で、最近実は、これまで愛用していたFuji X-20を手放しました。

理由としては、いろいろとあるのですが、やっぱOM-Dが万能で優秀なので、どこでも使えるということ。

あと、いわゆるコンデジで欲しいものは、iPhone5sでよくなってしまったこと。

これは、もちろんX-20とiPhone5sの写真が同レベルってことではないですよ。でも、要するに運用の問題で、iPhone+ミラーレスよりも、多くの機材を持っていても使い切れないんです。

で、どっちを手放すか?と考えたときに、OM-Dを残したという次第。

で、なんでOM-Dは、ここまで便利なの?ということについては、やはり荻窪さんの解説がすばらしいです。

 リンク: 混沌の屋形風呂: [360]THETAで撮ったパノラマを埋め込んでみた.

そうそう、最近、 ブツ撮り用カメラをOM-D(E-M5)に変えたんですよ。一眼レフから。 そしたら楽チン。被写界深度が深いのであまり絞り込まなくていいし、 タッチAFできるし、モニタがチルトするから楽な姿勢で構図を決められる。 ピンポイントでフォーカスをコントロールしたいときも 拡大再生してモニタを見ながら調節した方が正確だし。 なかなか快適です。

これ、実は私もやっております。OM-Dでの物撮りホント、楽ちんなんですが、それはこういうわけだったか。

ということで、さらに被写界深度の話。

 リンク: 混沌の屋形風呂: m43とフルサイズで被写界深度はこんだけ違うという話.

だからボケをコントロールして印象的な絵を撮りたいときはフルサイズが圧倒的に優位だし、被写界深度が欲しいときは絞ればいいんだけど、環境によってはその分ISO感度を上げなきゃならないわけで、 ミスなく確実に、あるいは気楽に撮りたいときはm43の方がいい。 ただし被写界深度が深い分、明るめのレンズが欲しくなる。

で、これまで私としては、ぐっとくるレンズがなかったわけです。そして、それがやっと出ると。

 リンク: 混沌の屋形風呂: マイクロフォーサーズとAPS-Cの被写界深度は1段ほど違う.

じゃあAPS-CにF4通しのレンズをつけるのと、m43にF2.8通しのレンズをつけるのでは どっちが軽くてコンパクトで安くて扱いやすいかといわれると後者なわけですよ。

いやいや、こっちも普通におっさんとして進化していますので、扱いのいいものを選ぶわけなんですよ。ホント、そうですよ。

ということで、今期の買い物は、とりあえず以下に決定、、、のはずです。なにしろ、このレンズマクロレンズとしても、かなり優秀なんですよ。

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ ED 12-40mm F2.8 ブラック 防塵 防滴 M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO
B00EY6AV50

あ、このフラッシュは、主に展示会などでのお姉さん対応です(笑)。

OLYMPUS エレクトロニックフラッシュ ミラーレス一眼用 FL-600R
B0073A1EY6

« 絶賛!絶賛!大絶賛!Evernote版のScanSnapが私の書斎をやっとホントに完成させてくれた! | トップページ | フォトショップの伝道師と鎌倉フォトウォーク続き、旅先でのLIGHTROOMの使い方で目からうろこ »

投稿:by 2013 11 13 04:03 AM [OM-D, E-M5] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/58555473

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年の秋、何を買うのか猛烈に悩んだ末にOM-D(E-M5)をさらに増強させることにした:

 
We are bloggers.