みたいもん

トップ > 書評, 献本 > 私が「ジョブズの料理人」という本をどうしても読みたくなったたったひとつの理由

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2013.12.02

私が「ジョブズの料理人」という本をどうしても読みたくなったたったひとつの理由




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経BPさんから「ジョブズの料理人   寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26 年 」を献本いただきました。ホント、いつもありがとうございます。

ジョブズの料理人   寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26 年
4822249883

そして、いつもすばやい仕事ぶりに感心します。いや、プロなんだから当たり前といえば、当たり前なんですが、それでもここまでコンスタントに出版し続けるというのは、すごいことです。

で、この「ジョブズの料理人   寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26 年 」という本。

PC020729

スティーブ・ジョブズが亡くなって、早くももう丸2年が過ぎ、映画はいくつも出るわ、関連書籍は出まくるわで、正直食傷気味の人もいるのではないかと思います。

正直にいうと、私にもそんな感情が湧くときがあります。

そして、この本。

何しろ、タイトルがジョブズの料理人です。そして、この本を書かれたのは、寿司職人の方なんだそうです。

これは、どういうことなんだ?と思うわけです。

 リンク: 日経BP書店|商品詳細 - ジョブズの料理人.

1985年の開店以来、4半世紀にわたってシリコンバレーで鮨・会席料理店を続けてきた 佐久間俊雄氏。佐久間氏が店を変えても、17年にわたって通い続けたのが、スティーブ・ ジョブズだった。佐久間氏が2011年、店を閉める決心をしたとき、ジョブズは佐久間氏に アップルの社員食堂で働かないかと声をかけた。

なるほど、たしかにジョブズと関係浅くない方のお話だと思えます。

でも、私がこの本を読みたいなと思って、こうしておすすめしたいなあと思ったのは、そこの部分じゃないんです。

寿司屋の板前さんは、どんなものを見て、なにを考えているんだろうか?って、私にとっては、長年の謎のひとつなんです。

まえがきから引用します。

改めて考えてみるとm寿司屋というのは、不思議な飲食店だ。ふつう、料理人は裏からに徹しお客様の目に触れる機会は少ないが、板前はカウンターを挟んでお客さまと至近距離で向き合う。板場から「定点観測」をしているといえるかもしれない。

これですよ、これ。これを知りたかった。

普通の料理人とも違う。バーテンダーとも違う。寿司屋の話。

バーの話は、けっこういろいろとあるんですが、寿司屋の話というのは、私はあまり目にしたことがありません。

しかも、場所はシリコンバレーで、お客さんは、スティーブ・ジョブズ。これ、面白いはずです。

ということで、サンフランシスコでも、わかる人にだけ分かる写真を1枚ここに記念として貼り付けて、この記事を終わります(笑)。

SF-Tomoko

まだ、はじめの方を読んでいるだけなんですが、これ一気読みしてしまいそうです。

ジョブズの料理人   寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26 年
4822249883

« ホームズのスケスケコンテンツ広告の現場を見学して、すげえ写真の勉強になった件 | トップページ | モダフルナイト5周年にしてはじめて商品提供&サンタースポンサーしました! #modafull2013 »

投稿:by 2013 12 02 05:50 PM [書評, 献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/58684666

この記事へのトラックバック一覧です: 私が「ジョブズの料理人」という本をどうしても読みたくなったたったひとつの理由:

 
We are bloggers.