みたいもん

トップ > ロギングされる僕ら, 八戸 > 「震災から3年、キオクと復興の今」展、東北スタンダードの金入さんが3.11以降考え、今続けている話

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2014.03.10

「震災から3年、キオクと復興の今」展、東北スタンダードの金入さんが3.11以降考え、今続けている話




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

すでにご紹介した六本木ヒルズでやってるグーグルの「震災から3年、キオクと復興の今」展、レセプションに続き、3月6日のトークイベントにも行ってきました。

メインパートは、まさに3.11直後の話。それもグーグルと森ビルの対応の話です。

その全貌については、以下のイベント収録動画を見ていただくとして、まずざっくりご紹介です。

 リンク: Google Japan Blog: 「震災から 3 年、キオクと復興の今」開催のお知らせ.

「あの日六本木ヒルズで起こったこと」

2011年3月11日。「六本木ヒルズ」で震災対応をしていたGoogle。あの日、あの瞬間、実際に何が起こっていたのか、そして今後の防災のためには何ができるのか、それぞれで陣頭指揮を取っていた担当者が語ります。

森ビルからは、災害に対応するための自転車(タイヤの経が大きいマウンテンバイク)を開発したという話。

P3060699.jpg

また、ヤフージャパンと連携してソーシャル避難訓練を実施しているという話。

グーグルのクライシスレスポンスパーソンファインダーも、3.11以降の経験を踏まえて、さらに進化しているという話がありました。

特にパーソンファインダーは、J-anpiとの検索結果に対するデータ相互連携の話。現在は79ヶ国語に対応しているという話がすごかった。SMSを活用してのパーソンファインダー提供も始まっており、地味にずっと改善の努力をし続けているグーグルすごいです。

ただ、個人的には、この日のメインは、この連日続くトークイベントで、毎日最後の15分のコーナーとして準備されていた「東北の明日を変える 若き挑戦者たち」の方でした。

P3060721.jpg

 リンク: Google Japan Blog: 「震災から 3 年、キオクと復興の今」開催のお知らせ.

「東北の明日を変える 若き挑戦者たち」

金入健雄(株式会社金入/東北スタンダード株式会社代表)

そう、八戸の金入さんです。

この動画を見てもらえればわかると思うのですが、この金入健雄さん、座ったら足をブラブラしないと先生に怒られそうな感じではありますが(笑)、なかなかにいい話をしています。

P3060727.jpg

やはり、この震災後の3年の経験は伊達じゃなかったってことなんだと思います。

  • 今までは八戸とか青森単位でものを考えていたけど、東北全体を自分のこととして考えるようになった
  • 仙台メディアテークのミュージアムショップのコンペ、東京と同じ店や仙台だけの店というのももう違うはずだと考えたから八戸の自分も参加した、そこで東北の工芸品やクリエイティブを紹介したいと考えた=今はそれを「KANEIRI Museum Shop 6」で実現している
  • 東北の魅力について、最初はそんなこと自分に聞かないでくれと思ったがそれを真剣に考えるとようになり、東北スタンダードというプロジェクトを始めた
  • 地震の前から続いてきていて地震の後も続いているものがたくさんある、そういうものを作っている人たちの話を聞いている
  • 単なるお国自慢にならないように気をつけていて、なにか誰かに共感してもらえるものが提供できないかと考えている
  • 自分はショップをやっているものだから、その場にいない人にでも東北のものに普通の感覚で触れてもらえる機会を増やしていきたい
  • イノベーション東北でも、コラボレーションが進んでいる
  • イノベーション東北で、同じ価値観を持っている人たちに出会えている

P3060762.jpg

壇上では「知らない人」って言われましたけど(笑)、その金入さんの当日のツイートです。

さて、この金入さんとのご縁は、今は八戸経済新聞の編集長として活躍中の書評ブロガーの聖幸さんとの交流から生まれたものです。

私自身の話をすると、過去に八戸には2010年から4回訪問しており、八戸に関する記事も10本ほど書いています。

ホント理屈じゃないと思うんですが、回数って正義なんです。親戚筋は基本関西方面にしかいない私にとっては、東北地方の中に仕事や観光を含めても、同じところに年に1回程度のペースで4回もいった場所なんて、他にないんですよね。

そういう場所と言うのは、自分ととってはもちろんふるさとではないし、第二のふるさとでもないのですが、いわゆる馴染みの場所になります。

そんな八戸が震災で被害にあって、気にならないわけがない。そんなことを考えるようになる人を1人でも増やしていくというのは、震災復興に限らず大事なことなんだと思います。

ということで、また八戸に行かなきゃな。

なお、すでに終了したトークイベントは以下にアーカイブされています。

1つでも見てもらえればわかると思うのですが、このトークイベントが行われていた会期中、会場がヒルズの野外だったこともあり、すごく寒かったんですよね。

この寒さ、なんかいろんなことを考えさせられる寒さなんですが、まずは出演者のみなさんごくろうさまでした。

また、ここからいろいろとやっていきましょうー。

あー、そうそう!

六本木ヒルズでの展示は、3月11日まで続いていますので、まだ見てない人がいれば、ぜひ見てください。ホント、一度見て欲しい展示なんですよ。

Googleの72時間  東日本大震災と情報、インターネット
4041104483

八戸せんべい汁鍋(せんべい・スープ) 3-4人前
B00IMKMGY8

八戸沖秋さば 水煮 180g 12缶
B005C7QUOQ

« Apple Clip #166「ネットでリアルな関係」で、わりとEvernoteとカバンの話ばっかりしてきたよ | トップページ | 写真と電子書籍の講座「ひたすら撮って、出版するワークショップ」を4月から渋谷でスタートします »

投稿:by 2014 03 10 09:33 PM [ロギングされる僕ら, 八戸] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/59270799

この記事へのトラックバック一覧です: 「震災から3年、キオクと復興の今」展、東北スタンダードの金入さんが3.11以降考え、今続けている話:

 
We are bloggers.