みたいもん

トップ > Engadget Japan > 半年ぶりのEngadget写真部03告知、今回はFUJIのX-T1とポートレートというか竹下明希さん #egjp

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2014.04.03

半年ぶりのEngadget写真部03告知、今回はFUJIのX-T1とポートレートというか竹下明希さん #egjp




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Engadget写真部、ホントひさびさの開催の告知です。

第1回が2013年7月で、第2回が2013年9月だったので、実に半年ぶりですね(苦笑)。

今回は、まずはじわじわと評判が広がっている富士フイルムのX-T1です。このカメラ、ホント触って、実際に撮るとその良さがぐっと伝わってくるデジカメなので、ぜひハンズオンやりたかったんです。

Engadget-bukatsu02

 リンク: 部活動告知:​4月18日に久々の「写真部」開催、富士フイルムのX-T1体験&参加者プレゼントも - Engadget Japanese.

今回はタッチ&トライ用に富士フイルム初のミラーレス機 X-T1 を10台そろえました。

私、個人としては、なんでこんなにX-T1が手にしっくりくるんだろう?と思っていたことの答えをアマゾンレビューで見つけました。

リンク: Amazon.co.jp: の Kuaさんのレビュー.

Nikon EMのサイズの一眼レフが欲しくて、要するにこれです。

ああ、これです、これ。元Nikon EMユーザーとして、当時機能が不十分であっても、EMを選んだ理由がサイズだったんです。やっぱり、このサイズは正しいんだよなあ。

FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1

B00I3BSXWK

そして、現状最高峰と思えるEVFを装備するファインダー。これも実機でファインダーを覗きこんでみないとわからない体験です。

でで!

今回はそれで終わりじゃないんですよ!

勘の良い人であれば、この写真部イベントに参加してくれるモデルさんの名前にピンときた人もいるはず。

 リンク: 部活動告知:​4月18日に久々の「写真部」開催、富士フイルムのX-T1体験&参加者プレゼントも - Engadget Japanese.

前半はいしたにさんと竹下さんによるX-T1についてのトークショー、後半はタッチ&トライなどが可能な懇親会の2部構成。

はい、この記事に登場する今年のあの雪のCP+ 2014のFUJIのブースにいた竹下明希さんにきていただくことになりました(歓喜)。

ええ、おれの私利私欲丸出しの企画です。

 リンク: CP+ 2014:FUJIブース、X-T1はずっと触っていたいデジカメ、あとずっと撮っていたい感じのモデルさんは「竹下明希」さんでした:[mi]みたいもん!.

ああ、この人と仕事してみたい。なんか考えたい、いや誰か頼む(懇願)。

表現をまちがえました。

何をしたいのかというと、どうにかして、この竹下明希さんの被写体としてのすごさを他の人も体験して欲しいということで、Engadget写真部の企画として、ぶっ通したわけです。

 リンク: お知らせ|竹下明希オフィシャルブログ「あきんこ ありんこ」.

4月18日(金)19:00~ Engadget 写真部に 被写体モデル兼アシスタントとして 参加することになりました!!

きゃあああ!!!

P2143393.jpg

さて、当日何をイベントで話すのかをここにメモっておきましょう。

そうしてもおかないと話すのを忘れて、無言で竹下さんを撮影し続ける石になってしまう可能性が大きいですからね(大丈夫か?おれ?)。

で、イベントでなにをしたいのかというと!

要するに、この謎にせまりたいんです。

 リンク: CP 2014:FUJIブース、X-T1はずっと触っていたいデジカメ、あとずっと撮っていたい感じのモデルさんは「竹下明希」さんでした:[mi]みたいもん!.

かわいいとか、そういう問題じゃなくて、いやかわいいんですけど、アイコンタクトで、こちらの撮影撮影意図(邪心)を見抜いてくれて、すっとポーズ作ってくれる感じが最高のモデルさんでした。

 リンク: [A] 【1枚】CP で最もフォトジェニックだった竹下明希さん EOS 5D3にて.

CP ではそんなにモデルさんを撮影しなかったんですが、この人だけは吸い込まれるように撮ってしまいました。

いい写真を撮れるかどうかって問題は、ホントに根深くて、沼に人を叩き落としても答えは出ないんですが、その中でもさらに深い沼がポートレイトです。

結局、人を撮るのがいちばんむずかしいということなんですが、これは撮影側だけじゃなくて、被写体との関係でもあるのです。

  • 撮れてしまった写真
  • 撮らされてしまった写真
  • 機材のおかげでうまくいった
  • 被写体のおかげでうまくいった

私も今年のテーマのひとつがポートレートなので、この辺りのことをきっちり聞いてみたいと思います。

あと、単純に「こんな風に撮られるのは苦手」とか、そういう話もきっとあるでしょうね。

また、懇親会も当然あります!

 リンク: 部活動告知:​4月18日に久々の「写真部」開催、富士フイルムのX-T1体験&参加者プレゼントも - Engadget Japanese.

なお、懇親会では参加者プレゼントもご用意しました。AdobeのPhotoshop、Lightroom、Premiereなどクリエイティブツールの最新版がすべて使えるCreative Cloudの1年分無料利用権(1名様分)やスマートフォンに直接データを転送できる無線LAN SDカードのEye-Fi mobi(10名様分)を当日抽選にてプレゼントします。

なお、参加人数の兼ね合いもあり、みなさんに撮影体験をどれだけしてもらえるのかなどは、まったくもって今お約束できないのですが、まずは参加していただくのが吉かと思います(申し込みはこちらからもできます)。

ああ、楽しみだ(おれが!)。

FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1
B00I3BSXWK

« 太田裕美による筒美京平トリビュート・カヴァー・アルバム「tutumikko(ツツミッコ)」、超絶最高に聞いててうれしくなる音楽です | トップページ | エイプリルフール振り返り、現実でもなんでもいいから夢を可視化してくれるエイプリルフールネタを来年も見たいのです »

投稿:by 2014 04 03 03:22 PM [Engadget Japan] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/59403590

この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりのEngadget写真部03告知、今回はFUJIのX-T1とポートレートというか竹下明希さん #egjp:

 
We are bloggers.