みたいもん

トップ > Webサービス > Gmailの新サービス「Inbox」を早速テスト、きょうからもうInboxだけでいいです感が満載

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2014.10.24

Gmailの新サービス「Inbox」を早速テスト、きょうからもうInboxだけでいいです感が満載




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Gmailのさらに進化した形とも言えるGoogleの「Inbox」。10月22日から招待制で始まっていたそうですが、早速ご招待いただいたのでレビュー。

まずは、いちばん使うであろうiOSのInboxから。

google inbox iOS google inbox iOS

google inbox iOS google inbox iOS

なんか、もう今どきのアプリなので、なにも考えずにガイドを見ていくだけで使えるようになります。ここはもうホントにさすが。

Inboxを開くとこういう感じにメールが表示されます。ここまで、私はまだなにもやっていません。

google inbox iOS

どのメールがどれほど重要で、今私はどのメールを開くべきなのかが一発でわかります。すばらしい。

なお、アルファベットはどうも名前の頭文字を表示している模様です。

このInboxでやれることを、ざざっと整理しておきましょう。

google inbox iOS

  • 1アクションで処理済み(done)とあとで読む(Snooze)に処理
  • Bungleというさらに進化させた自動分類
  • メールを開かなくても大事な情報が表示される=Highlights
  • あとで読むは明日・来週に先延ばしとかそこそこ細かく設定可能
  • 別途Pin機能
  • Pin以外を一気処理もできちゃう

まあ、言うことないです。お見事。

ただ、この手の先進的なメールアプリの先駆けとなったMailboxがリリースされたのが、2013年の2月ぐらいですから、そこから考えるとGoogleがInboxをリリースするまでに1年半以上もかかったことになります。

いや、普通に考えればそれでも速いんですが、Googleにしては時間がかかったなあという感じはあります。

それは、すでに堀さんが指摘していますが、Gmailだって盤石じゃないってことなんですよ。

 リンク: [L] 大量のメールをストレスフリーに管理するGoogle Inbox | Lifehacking.jp.

理由として、iCloudとDropboxのような、Googleの足元をおびやかす存在があります。より便利なメールアプリと、それと紐付いて添付ファイルをまかなうクラウドサービスの存在はGoogleの存在理由を削ぎ取っていきます。

クラウドというのは、データ移行の障壁が低いので、私も実際きのうYosemiteをインストールして、ずっと使ってこなかったアップル純正のメールアプリを試していたところです。グーグルの中の人からすれば、ギリギリ間に合った!という感じなのかもしれません。

さてさて、細かい設定ですが、私はソーシャルメディアのBungleについては、私は一週間を超えたものについては、処理済みにしてしまっていいという設定にしてみました。別にメールが消えてなくなるわけではないので、これでいいと思います。

google inbox iOS

Bungleなどは、細かく設定画面もあるのですが、この辺もいちいち画面を開くのではなくて、はじめてその機能を使う際にちゃんとガイドが出るので、ここもなにも前準備の必要がありません。

google inbox iOS

また、Inboxにはリマインダー機能もあるのですが、これについてはToDo管理と基本的には同じもの。なので、普段はTodoistを使っていることもあり、まだあんまり試せていない感じです。

さてさてさて、あの先進的Mailboxですが、結局私が使わなくなってしまった理由は、スマホとPCで違うものを使わなくてはいけなかったからです。

その点、Inboxでは最初からアプリ(アンドロイドとiOS)とPC(Chrome)で使うことができています。これは使い続ける大きなアドバンテージです。

Google_inbox- 2014-10-24 16.23.36

Chrome版のInboxの画面はこんな感じ。基本、モバイル版と同じです。右下のアルファベットは、これも名前の頭文字です。

なので、Mの頭文字でメールのやり取りが多い人は、1クリックでメールが書けるというわけです。

Google_inbox-_2014-10-24_16_24_52

そして、下はピンしたメールだけに一瞬で切り替えたところ。これは気持ちいいですよ。

Google_inbox- 2014-10-24 16.25.22

同じ、Pinしたメールだけ表示させた画面をiPhoneでみるとこういう感じです。

google inbox iOS

ユーザー体験としては、なんの無理もなく同じ画面を見ている感じになります。素敵すぎる。

そんなわけで、この1時間ぐらいで、すっかりInboxに慣れてしまったので、iPhoneもChromeもGmailのアイコンは消して、Inboxと差し替えてしまいました。

残る問題としては、現状招待制で使える人が限られていることぐらいですが、これはもう順番を待つしかないみたいです。

なお、私には今のところ招待する権利はないので、招待プリーズと言われても申し訳ないというしかありませんので、ご理解ください。

それにしても、このタイミングでちゃんと大本命をリリースしてくるとは、もうグーグルあっぱれ!としか言いようがないですね。

【追記】
Inboxを使っていて、インビテーションできるようになった場合は「+」に「Invite to Inbox 」というのが出てくるそうです。

【追記2】
Inbox、メールなのに楽しいんですよね。メールの自動振り分けだけではなく、メールに表示されるサマリーの影響が大きいと思っています。これは引き続きウォッチですね。

« アポロ計画を最高のマーケティング・PR事例として描き出す「月をマーケティングする・アポロ計画と史上最大の広報作戦」 | トップページ | OK Goの日本で撮影された新作PVがすさましいので、おれが聞いたOK Goの話をするよ »

投稿:by 2014 10 24 05:55 PM [Webサービス] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/60536786

この記事へのトラックバック一覧です: Gmailの新サービス「Inbox」を早速テスト、きょうからもうInboxだけでいいです感が満載:

 
We are bloggers.