みたいもん

トップ > 電子書籍,ePub > 電子書籍のランディングページをtumblrでさくっと作れる「でんでんランディングページ」が素敵すぎる

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2014.10.02

電子書籍のランディングページをtumblrでさくっと作れる「でんでんランディングページ」が素敵すぎる




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度目かわからない電子書籍元年の2012年、いちばん話題となった電子書籍の小説は、言うまでもないことですが、藤井太洋さんのジーンマッパーでした。

Gene Mapper -full build-
B00CHIFA1M

ジーンマッパーのすごさというのは、実にいろんな側面があるのですが、オンラインということを考えると、ジーンマッパーの功績は、電子書籍にはランディングページが必要だということを、これ以上ないほど鮮やかに見せつけたことにあります。

実際、今みてもジーンマッパーのオフィシャルサイトというランディングページは、完璧で、これ以上の電子書籍のランディングページというのは、ついぞ見かけることはありません。

藤井さんが、なんでここまでできたかというと、それはもうオンラインに関して、藤井さんがプロフェッショナルであったことにつきます。

オンラインでものを売るためには、しっかりとリンクを集め、訪問者を購買というスリバチに落としていくページというのが、不可欠です。藤井さんは、それを知り尽くしていたわけです。

その辺の話は、以下のインタビューにも詳しいのですが、そんなことはどうでもよくなるほどに、このインタビューは面白いで、みんな読むように。

ただね。

だれもが、藤井太洋ではありません。正直、私もジーンマッパーのオフィシャルサイトクラスのものを作るなんて、無理ゲーです。無理です。いやです。

でもね、必要なんです。

電子書籍にはランディングページが必要なんですよ!

ということで、なんか解決策というものが求められていました。

ということで、セルフパブリッシング界隈では、グッドジョブを連発することで知られるでんでんさん?がすばらしいものをリリースしてくれました。

なんとtumblrで、電子書籍のランディングページがさくさくと作れるtumblrテーマのリリースです。

denden-tumblr

でんでんランディングページは自分の作った本の宣伝ができるTumblrのテーマです。

で、今ですね、上のページ読みなおしてみたら、ここまでおれが書いてきたことと、ほぼ同じことが書いてありました、、、はずかしい、、、そして、他にも大事な話がたくさん書いてあるので、ぜひ上のリンクのブログ記事見てくださいませ。

サンプルサイトは以下。

実際のテーマで使うソースコードは、すでにGitHubで公開されています。

いやあ、これはいい仕事です!すてきです!ゴージャス!

これで、電子書籍に関する難題がまたひとつなくなりました。ということで私もそろそろ、またいい加減にセルフパブリッシングを復活させなきゃ。

え。

あ。

しまった。

その前に、あれとかそれとかこれとか、その前にやっつけないといけない本のお仕事があるじゃないか、、、

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング
B00COX0QYG

【追記】

なんのことはない倉下さんも、「でんでんランディングページ」を紹介じゃなくて、すでに使いこなしていました。

 リンク: コンビニ店長のオシゴト 〜個性的なお店の作り方〜 | Official Website.

 リンク: R-style |  新刊の販促のために「でんでんランディングページ」を使いました.

どのスイッチがどのパーツに対応しているかは、英語が読めれば問題ないかと思いますが、それよりも実際にスイッチをオンオフしてみると、プレビューが切り替わるので、それで理解するのが手っ取り早いでしょう。

で、これね。そう、まさにこの通り。

実行への手助けこそ、ツール作成の醍醐味ですからね。

« GoPro HERO4 Black先行体験:GoProの画質番長、さすが昼間も夜間も超きれいに撮影できやがりますぜ | トップページ | いしたにまさき×東洋美術学校でプロダクトを作るデザインプロジェクトという集中講義を実施しますよ »

投稿:by 2014 10 02 10:30 AM [電子書籍,ePub] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/60402586

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍のランディングページをtumblrでさくっと作れる「でんでんランディングページ」が素敵すぎる:

 
We are bloggers.