みたいもん

トップ > オタクが世界を救う > OK Goの新作PVはホントにドローン&一発撮り撮影だったのかをしつこく確認してみました

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2014.11.05

OK Goの新作PVはホントにドローン&一発撮り撮影だったのかをしつこく確認してみました




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

OK Goの新作PV「I Won't Let You Down」。いやはや、すごいことになっています。

私が最初にこのPVを見たときは、まだわずか300再生でした。動画をひと目見て、こんなものどうせ早晩100万再生超えるわ!と、ある意味温めておいたOK Goの話とセットにして、先日のOK Goの記事にしたわけです。

記事を書いている最中にも、どんどん再生回数は伸びていきましたが、まさか一週間かからずに1000万再生を超えてしまうとは、、、これどこまで伸びるんでしょうね。

また、この新作PVが十分広まったタイミングで、用意されていた(と思われる)メイキング動画も公開されました。

同じタイミングで、このすさまじい動画がどう作られたかの記事もいくつも出ています。

 リンク: 舞台は日本。原野守弘さんが手がけるOK Goの新作MVに込められたクリエイティヴ : ギズモード・ジャパン.

UNI-CUBってまだ商品化されているものではなくて。そこが逆にいいなと思ったんです。新しい世界を作ろうとしているエンジニア魂がピュアに表れている。クラフトへのこだわり、という意味で共通しているUNI-CUBとOK Goが一緒にいるだけで絵になるなと思ったんですよね。

 リンク: I Won't Let You Down/OK GoのMV撮影の裏側 【追記あり】【ワンダードライビング】.

撮影自体は1/2のスピードで撮影し、その後2倍速にしています。冒頭の Perfumeの声や最後の方浮上スピード、道を走る車が多少早く感じられるのはそのため。

これらの記事で注目し、種明かしされているポイントは、当たり前なんですが、以下の2点。

Toys toys toys.

Damian Kulashさん(@damiankulash)が投稿した写真 -

8月 8, 2014 at 8:02午後 PDT

  • ドローン(マルチコプター)で撮影されたこと

At 6:00 am this morning we had a rehearsal for our next video.

Damian Kulashさん(@damiankulash)が投稿した動画 -

8月 8, 2014 at 1:28午前 PDT

  • 一発撮りで撮影されたこと

でね、理屈はわかった。そして、説明にも納得はした。でもさ、うがった見方をすれば、それも用意してあるかもしれないわけじゃん(そんなわけがないけど)。

ということで、粘着業界としては、PVの中にドローン撮影と一発撮りの証拠を求めたくなるわけですよ。

ということで、この新作PVを何度も見てみました。ええ、証拠はちゃんとPVの中にありました。

まずは、ドローン。これはもうわかりやすい証拠ありました。

OK_Go-スクリーンショット_2014-10-28_23_40_14

ね、わかりますよね。この影はまぎれもなくドローン。

そして、一発撮りの証拠です。

なにを持って証拠とするのかがむずかしいところではあるのですが、いちばん疑いポイントは、やっぱ最後の人文字がCGなんじゃないの?っていう疑惑とセットで、違いますよ!一発撮りですよ!というのがいいと思うわけです。

で、その視点で見ると、ちゃんとPVの中に大量のダンサーチームがスタンバイしているのがうつっているんですよ。

ほら。

OK_Go-_2014-10-30_3_49_24

ほらね。

OK_Go-_2014-10-30_3_49_33

見たことか。

OK_Go-_2014-10-30_3_50_23

もう四方八方で、ダンサーチーム待機しまくりですよ。

OK_Go-_2014-10-30_3_49_42

ということで、これでもう疑惑はなしということにしませんか、そうしましょうよ。少なくとも、私はものすごく納得しました。

そして、やっぱりこのPVはこの先新しいスタンダードになるんだなあと、改めて思いました。

さてさて、先日のOK Goの記事、おかげさまでいろいろと反響をいただいておりまして、まずはびっくりしたのがヤフーニュース掲載

あと、ニャル子さんでOK Goを知っていた人たちの「ああ!あの人たちか!」という反応。

さらに、当然の反応なんですが、OK Goが渋谷でイベントやっていたなんて!というもの。でもね、私もなにか特別なルートで知ったわけではなくて、普通にソーシャルに流れていたし、私もシェアしていたイベントだったんです。

そして、また一部で話題になっていたのが、撮影地のロングウッドステーションのこと。

そう、ここショッピングモールだったんですが、テナントが去って、今はゴーストタウンを通り越して、撮影用のロケ施設になっているんです。

でもね、このPVのおかげで、今世界でいちばん見られているショッピングモールの場所になってしまったんですよね。それがなんとも不思議な感じです。

もう少し続けます。

PV最後のドット絵、それについてはこんなことを言ってる人がいました。

なんかこれもあながち嘘じゃないと思えるのが、このダンサーの動きを自分で自由に再現できるサイトまでできていること。OK Go、これはいくらなんでも準備良すぎだろ、すごすぎだろ。

 リンク: OK Goの新MV、約2,400名で描かれたマスゲームを自分の手で描けるように : ギズモード・ジャパン.

あのMVといえば、圧巻なのは総勢約2,400名のダンサーたちによるアート。1人1人の傘がPCのピクセルアートみたいに表現されていて、CGだと思われた方も多いんじゃないでしょうか。サイト内のDrawing Pre-Visualizationでは、MVでOK Goとダンサーによってなされる軌跡を自分で描き、傘の開閉等の動作をプログラムすることができますよ。

私もマスゲームを描くのトライしてみましたが、まったくダメですね、、、

もういい加減終わりにしようと思いますが、先日の私のOK Goの記事。実際にOK Goの話を聞いたものとして、どうしても伝えたかったことがちゃんと伝わったのがうれしかったです。

ありがたい。

そして、これももうホントにそうだね!としか言えない反応。

Youtubeだと、どんどん文脈なしでシェアされちゃうから、コンテキストなしで映像だけで、頭ふっとばす内容じゃないとダメなんですよね。

これもわかるなあ。実際、私はけっこうな夜中だったのに触発されて記事を書いてしまいましたからね。

ということで、今度こそ最後。

うれしいですねえ。

ということで、みんなOK GoのCDも買おうぜ。

ハングリー・ゴースト
B00N02P546

« OK Goの日本で撮影された新作PVがすさましいので、おれが聞いたOK Goの話をするよ | トップページ | Gramovox、ホーン型&フルレンジ一発の卓上USB+Bluetoothスピーカーが欲しすぎる »

投稿:by 2014 11 05 10:30 AM [オタクが世界を救う] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/60596856

この記事へのトラックバック一覧です: OK Goの新作PVはホントにドローン&一発撮り撮影だったのかをしつこく確認してみました:

 
We are bloggers.