みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 21冊目『アントニオ猪木自伝』猪木 寛至

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.01.06

21冊目『アントニオ猪木自伝』猪木 寛至




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

アントニオ猪木のすごさというのは、もう数えきれないほどあるのですが、その中でもこの自伝のすごさというのは、各方面でいろんな人が言っているのに、まだまだ伝わってない気がします。

P1010940

猪木?自伝?興味ないと思った人にこそ読んで欲しい中身。

とにかく猪木がプロレスにたどり着くまでのパートが最高。ブラジル移民の過酷さ、戦後日本の歴史なんていう説明も一応できます。

でも、ブラジルへの移民船、その船がパナマ運河を通過するときに、実は猪木のおじい様が亡くなるのですが、その光景と描写の美しいこと美しいこと。

その一点だけでも、この本はホントに光り輝く名著なのです。

アントニオ猪木自伝 (新潮文庫)
4101297215

« 20冊目『ペルソナ―三島由紀夫伝』猪瀬 直樹 | トップページ | 2014年のベスト記事はドローン記事だったので、2015年はドローンドキュメンタリー映像に注目したい »

投稿:by 2015 01 06 07:03 PM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/60932869

この記事へのトラックバック一覧です: 21冊目『アントニオ猪木自伝』猪木 寛至:

 
We are bloggers.