みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 35冊目『本よみの虫干し―日本の近代文学再読』関川 夏央

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.01.27

35冊目『本よみの虫干し―日本の近代文学再読』関川 夏央




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜか、なりたい願望とか幻想がいつまで経っても消えないのが、文学とか小説家という領域なわけですが、そういう幻想にとらわれていないが故に信用できるのが、関川夏央さんという作家なわけです。

その関川さんの文学紹介。なにが面白いって、まずは新書なのに数が多いこと。1作品に数ページ以下しか使わない。

P1011777

また、いろいろな文学本と違うのは、文学をメディアとしてとらえているところにあると思います。

時代の背景もなにもなく文学が生まれるわけもないというひどい当たり前のことを、きっちりやってくれているこの幸福感。

文学とか小説家への幻想にとらわれている人にこそ、手に取って欲しい一冊です。

本よみの虫干し―日本の近代文学再読 (岩波新書)
4004307538

« 34冊目『ねじまき鳥クロニクル』村上 春樹 | トップページ | 36冊目『きもの』幸田 文 »

投稿:by 2015 01 27 11:48 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/61043030

この記事へのトラックバック一覧です: 35冊目『本よみの虫干し―日本の近代文学再読』関川 夏央:

 
We are bloggers.