みたいもん

トップ > Surface Pro, Windows10 > Windows10キーノート、まさか電脳コイルを最初に実現するのがマイクロソフトになるとは思わなかったよ!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.01.23

Windows10キーノート、まさか電脳コイルを最初に実現するのがマイクロソフトになるとは思わなかったよ!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10のはじまりを告げる「Windows 10: The Next Chapter」のキーノートが先日終わりました。

上のリンクから、当日のライブイベントを見ることもできますし、端的にWindows 10がどういうものであるかは、以下の動画で確認することもできます。

Windows 10のこの様子はすでに多くのメディアで多く伝えられています。

 リンク: The 9 biggest announcements from Microsoft's Windows 10 event | The Verge.

 リンク: Windows10最新機能が続々公開、10は7以降のOSへ無料提供予定【VR+ARデバイス“HoloLens”など画像追加】 - 週アスPLUS.

米マイクロソフトは1月21日(現地時間)、メディア向けWindows 10関連発表会にて、Windows7、8.1、Windows Phone 8.1ユーザー向けに初年度に限り、無償でWindows10をアップグレード提供すると発表した。さらに驚くべきことに、端末が壊れるまで、最新版のWindows10を利用可能。

 リンク: Microsoft、パソコンやモバイルデバイスでも使用出来る「Windows 10」を発表 | Windows | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤).

Windows 10は、アプリケーションをウィンドウ表示するだけでなく、タブレット端末上で、アプリを2画面表示することも可能となっています。

ホントにざっくりと、Windows 10のなにが新しいのかを紹介すると、こんな感じ。

  • 音声認識「Cortana」をPCにも展開
  • 新ブラウザー「Spartan
  • スマホ、タブレット、PC、Xboxすべてで動作するUniversal App

いいキーノートでした。

ちらっと見るつもりが、結局最後まで見てしまった。ここ1~2年のいろいろなキーノートの中でもトップクラスのものでした。

これはどういうことなのかというと、要するにマイクロソフトすげえ、ナデラすげえってことなんですが、ここのところ先進性という意味では、後塵を拝しているようなイメージを持たれていたWindowsがここにきて後方一気の4コーナー直線ごぼう抜きするようなものを、さらに鉈のような切れ味で送り込んできたことだ。

なにしろ、Windows10は、スマホだけのOSでもなく、PCだけのOSだけでもない今マイクロソフトが提供しているすべてのプラットフォームを統合してアップデートする総合OSだということ。

これについては、私をSurfaceに引き込んだ張本人であるDrikinの感想がいいので、それをほぼ全部引用しておきます。

 リンク: [D]Windows 10: The Next Chapterに感じた王者の後出しジャンケンの強さ.

  • MSはApple/iOS/OS Xなんて眼中になくて、正面からGoogleに戦いを挑んできた感
  • Win10はスタートメニュー回帰の先祖返りアップデートなんてとんでもなく、しっかり次世代感があった
  • 改めてWin8のコンセプトはよく出来ていると再確認するとともに、問題点を実践で得た経験値として確実に活かしてる感
  • かつてのワンソース、マルチプラットフォームは、異なるOSを搭載した様々なデバイスで、同じアプリを動かすというアイディアだったが、Win10のユニバーサルアプリの発想は、すべてのデバイスで同じOS(Win10)を動かして、アプリを共通化するというコロンブスの卵的な発想
  • 従来のモバイルデバイスのハードウエアリソースでは、あらゆるデバイスで(ほぼ)フルスペックなOSを動かすことは難しかったが、今のモバイルデバイスの性能なら現実的ということで、タイミングもよい感
  • 様々な技術をバラバラではなく綺麗に一つのプラットフォームにまとめ上げてる感
  • Appleに完全に押しこまれてた数年間、着実に基礎体力を向上させてた感
  • GoogleがChrome OS立ち上げに苦労してる間に先手を打とうとしてる感

ああ、マイクロソフトは終わってなんかなくて、このタイミングがくるまで、確実に積み上げてきたんだなあということが伝わってくるキーノートだったってことなんですよ。

でだ。

ここまで、まったく触れていないことがあって、それはもうおわかりだと思うのですが、それは『HoloLens』のことです。

タイミング的には、グーグルグラスがいったん撤退を決めたあとであり、まだどこもウェアラブルで決定打が出せないでいるのが今です。

 リンク: Microsoft announces Windows Holographic with HoloLens headset | The Verge.

 リンク: Microsoft、ホログラムを操作できるHMD「HoloLens」発表 - ITmedia ニュース.

HoloLensは、同社のホログラフィック技術「Windows Holographic」を採用するHMDで、Windows 10を搭載し、本体にCPUやGPUが組み込まれているので、PCなどと接続せずに無線で利用できる。

 リンク: 速報:マイクロソフト、メガネ型ホログラムコンピュータHoloLens発表。視界に3D映像を重ねて表示 - Engadget Japanese.

Windows 10は標準でホログラムコンピューティングのためのAPI『Windows ホログラフィック』に対応。ユニバーサルアプリは、原則としてすべてホログラムとして表示できるとされています。

HoloLensのなにがすごいって、いきなり統合OSが使えるデバイスとして、投入されるところです。

単体で動くし、いつになるかはわからないけど、スマホやPCでできることは、基本すべてできるものとして設計されているということです。

そりゃ、今の段階ではなにもわからないですよ。でもね、全部これでできるかもしれないという可能性を見せ、実際キーノートのデモでは動いていた、そういうことがあるかもしれないというものをドーンを見せてきたことにわくわくするわけです。

そして、ここから話が三段逆スライドで変わるのですが、どうしても思い出すのが電脳コイル(2007年放映)です。

電脳コイル Blu-ray Disc Box
B0058QFZYC

当時、電脳コイルを見ていて、いろいろな種類のわくわくがあったのですが、いちばんのポイントは、それを使っている子供たちにとって、電脳コイルは総合OSだったってことだと思うんです。

ウェアラブル端末であり、電話もかけられるし、キーボードだしてメールも打てるし、メタタグを拾うこともできるし、もちろん電脳空間へのインターフェイスなので、街でいろいろなものや事に出会う。

はじめよう! Ingress(イングレス) スマホを持って街を歩く GoogleのAR陣取りゲーム攻略ガイド できるネットeBookシリーズ
B00N3S5S44

そう、グーグルグラス+イングレスにはあんまり電脳コイル感は感じられなかったのに、HoloLens+イングレスになれば、これはもうホントに電脳コイルだなあと思える差はここにあるんだと思うんです。

電脳コイルのすごさは、サッチーが神社の鳥居でブロックされるように、現実世界にデジタル空間がはみ出していくことでもなく、現実をデジタル化していくことでもなく、デジタルを使って生活の視点をまるまる変えてしまうところにあります。

電脳コイルのウェアラブルデバイスである電脳メガネが子供の間で流行っていることになっているのも、子供たちは大人と同じ世界を違う視点で暮らしているからです。

だから、しつこいけど、単なるゲームではなくて、電脳コイルは子供たちにとっての総合OSである必要があったわけです。

マイクロソフトが電脳コイルを知ってるかどうかはわかんないですが(たぶん知ってるでしょう)、マイクロソフトと電脳コイルがルートは違いますが、ウェアラブル端末は統合OSじゃないとダメなんだという結論にたどり着いたことが私にとっては、ものすごく面白いです。

※電脳コイルを見たことがない人は、1話だけならGyaoで無料で見れるので、そちら

例によって、このHoloLensが日本で使えるようになるかなんて全くわからないのですが、その日がくるのを、Surface Proを使いながら待ちたいと思います(笑)。

マイクロソフト Surface Pro 3(Core i7/256GB/Office付き) 単体モデル [Windowsタブレット] 5D2-00015
B00KQ5AAUY

レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード - 英語 0B47189
B00DLK4GO2

レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード - 日本語 0B47181
B00DLK4GQA

« 32冊目『ヒステリック・サバイバー』深町 秋生 | トップページ | 33冊目『クレヨンしんちゃん映画大全―野原しんのすけザ・ムービー全仕事』 »

投稿:by 2015 01 23 10:53 AM [Surface Pro, Windows10] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/61017525

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10キーノート、まさか電脳コイルを最初に実現するのがマイクロソフトになるとは思わなかったよ!:

 
We are bloggers.