みたいもん

トップ > 1000冊紹介する, 献本 > 45冊目『グロースハッカー 第2版』ライアン・ホリデイ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.02.27

45冊目『グロースハッカー 第2版』ライアン・ホリデイ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットでマーケティングとかクチコミなんていうものに関わっていて、この本を読んで「だよね」という感想を持てないと、それはちょっとまずいのではないか?と表現するしかないような見事な本。それがこの『グロースハッカー』です。

これは、2013年の年末に出たものの、大幅改訂版です。今から買うなら、これ。

P2260126.jpg

最初の『グロースハッカー』も表紙も含めてすごくいい本だったんですが、ページ数のせいで、勘違いされそうな本ではありました。

グロースハック、というかネットのマーケティングとかクチコミで、それを実施する側でいちばん変えなきゃいけないのは、脳みそのけっこう奥の方にあることなんです。

この本では、それをグロースハックのマインドセットと呼んでいて、まさにそのど真ん中の直球だけを書いていました。

で、これわかる人には一瞬でわかることなんですけど、わからない人はかなり難解で、しかもわかりやすくするために平易な表現で書かれているので、内容の薄い本と誤解されやすい感じになっていました。

でも、この第2版。さすが、そこにテコ入れ(3割増し)入りまくってます。

  • 最新事例の追加
  • 第1版に寄せられた質問によるFAQの追加
  • 参考書籍やリンク集用語集などの追加

さてさて。

グロースハックのマインドセットについても、少しご紹介しておきましょう。以下、本書より引用。

大事なのは、何人に認知されるかではなく、何人がサインアップするかだ。

サインアップと表現されているから、自分には関係ないと思う人もいるかもしれませんが、サインアップとは、ユーザーが行動した結果と考えると、上の引用の適用範囲は一気に増大します。

ネットのマーケティングのプランニングやクチコミの設計では、行動する人がいちばん大事な相手であって、PV増に貢献してくれるような人は、その大事な仲間候補の次に相手すればいいというのは、もはや原理原則と言ってもいいと思うのですが、それをグロースハックのマインドセット的に書き換えると、上のような引用の表現になるのだと思います。

そんなわけで、普段自分がネットで取り組んでいることを、総チェックするにも、有効な本だと思いますので、変に「え?グロースハッカー?」と斜に構えずに一読をおすすめします。

グロースハッカー 第2版
4822250784

« ダイソンのブロガー向けのモニターキャンペーンを成立させている2つの信頼関係 | トップページ | 想像してたよりもずっとFirefoxOSはアリだと思った、au Firefox OSスマホ「Fx0」中の人に聞けるengadgetイベント »

投稿:by 2015 02 27 12:04 PM [1000冊紹介する, 献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/61202524

この記事へのトラックバック一覧です: 45冊目『グロースハッカー 第2版』ライアン・ホリデイ:

 
We are bloggers.