みたいもん

トップ > 一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ) > CP+2015開催直前、事前予習メモ。オリンパスとキヤノンがメインかな?

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.02.06

CP+2015開催直前、事前予習メモ。オリンパスとキヤノンがメインかな?




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

CP+2015開催直前ということで、デジカメ各社からリリース出まくりましたね。

ということで、自分のメモとして、事前予習としておきます。

まずはオリンパス。

 リンク: オリンパス、手ブレ補正が向上した「OM-D E-M5 Mark II」 - デジカメ Watch.

補正効果がより向上したボディ内5軸手ブレ補正や、手持ちムービー撮影を容易にした「OM-D MOVIE」、センサーの微細駆動と連写合成で高画素画像を記録できる「40Mハイレゾショット」などが特徴。

これを待ってました!

あとなにハイレゾショットってなに!これが使えるなら、高画素一眼なしでも、私のレベルなら十分になるかもしれないじゃないのか!

この機能なしでも、十分買い替えるだけの熟成ぶりなんですが、ここにチャレンジする姿勢にバンザイ!

 リンク: オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」を開発発表 - デジカメ Watch.

同社レンズ「M.ZUIKO PRO」カテゴリーに属する、35mm判換算16mm相当のフィッシュアイレンズ。ほかのPROシリーズレンズと同様、防塵防滴仕様。

これも待ってた!

Proレンズシリーズの広角!

ああ、欲しい!ただ欲しい!

さらに、まだきます。オリンパス元気です。

 リンク: スマホ連携レンズ交換カメラ「OLYMPUS AIR A01」 - デジカメ Watch.

オリンパスイメージングは、「OLYMPUS AIR A01」を2015年春に発売する。スマートフォンアプリからの操作を前提としたレンズ交換式デジタルカメラ。

これは先日ブロガーイベントに参加してきたので、別途報告することになるいわゆるマイクロフォーサーズのレンズスタイルカメラです。

 リンク: オリンパスのレンズ型カメラ「AIR A01」説明会レポート - デジカメ Watch.

「超小型ながらレンズ交換式カメラの画質を実現し、用途に合わせたアプリを使うことで、スマートフォンならではのダイレクトな操作感で撮影できる。レンズの拡張性もあり、映像表現の幅が広がる。カメラに詳しくなくても柔軟な発想で楽しんで欲しい」(上氏)とアピールした。

で、勘違いされやすいんですが、これ撮影だけならスマホなくてもできますからね。そこ、ご注意ください。

そして、去年はまさに弾幕薄いよ!状態だったのも言えるキヤノンさん。今年は、いきなりどんどんきます。

ついに出た。

D-800相当のアレです。

 リンク: 有効5,060万画素のフルサイズ一眼レフ「EOS 5Ds」 - デジカメ Watch.

キヤノンは、「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」を2015年6月に発売する。価格はいずれもオープンプライス。キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は、EOS 5DSが税別46万8,000円、EOS 5DS Rが税別49万8,000円。レンズキットの設定はない。

いいものであるのはわかっているけど、そんな金はない!

あと、データのとりまわしが猛烈に大変になりそうなので、まずはパス。

でも、こういうモデルが出たのは、ホントいい。

みなさん、ご苦労様です。

 リンク: キヤノン、フルサイズ広角ズーム「EF11-24mm F4 L USM」 - デジカメ Watch.

35mmフルサイズ用ズームレンズとして世界最広角(魚眼レンズを除く)というEFマウントのレンズ。同社の現行レンズではEF16-35mm F2.8L II USMとEF16-35mm F4L IS USMが最も広角のズームレンズ(魚眼レンズを除く)。キヤノン以外のフルサイズ一眼レフ用ではSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMが最広角のズームレンズだった(同)。

これもいい!

でも、手が出ない!

でも、すばらしい。

リンク: キヤノン、ミラーレス最新モデル「EOS M3」 - デジカメ Watch.

EOS 8000D、EOS Kiss X8iと同様の「ハイブリッドCMOS AF III」を採用し、AF速度はEOS M2比で約3.8倍としている。

従来モデルのEOS M2で採用していたハイブリッドCMOS AF IIから、位相差画素の配置を変更。水平方向の密度を高めたことで、シーンによってはコントラストAFを併用せず像面位相差AFのみで合焦可能になった。動画撮影中のAFもなめらかになるという。

これは気になりますねえ。キヤノンがいいミラーレス出せば、いつでも乗り換えるつもりなんですよ。さすが3代目の熟成。

とはいえ、EVFが外付なのは老眼的にきつい。

 リンク: 180度チルト式モニターになった「PowerShot N2」 - デジカメ Watch.

液晶モニターはタッチパネル式の2.8型約46万ドット。自分撮り対応の180度チルト式とした。モニターを180度起こすと、ショートカットが表示され自分撮りモードが起動する。

まさかの後継機。自撮モードもあるし、子供カメラとしては実は最適?

 リンク: キヤノン、1型センサー搭載「PowerShot G3 X」を開発発表 - デジカメ Watch.

1型センサーと24-600mm相当(35mm判換算)の光学25倍ズームレンズを搭載。開放F値は明らかにされていない。

大穴。

1型センサーに高倍率ズームの後出しじゃんけん。気になります。

最後にパナソニック。

これは、もう値段以外は最高なCM1です。

 リンク: 新製品レビュー:新製品レビュー:パナソニックLUMIX CM1 - デジカメ Watch.

昨年ドイツで開催されたフォトキナ2014で姿を現したパナソニックLUMIX DMC-CM1(以下LUMIX CM1)。その日本国内販売がようやく決まった。3月12日から限定2,000台、実勢価格12万円前後でいよいよリリースされる。

なお、CM1モニター販売なんてことをやっているので、気になる人はぜひ。

 リンク: モニターグループ告知 | モニター一覧 | パナソニックのショッピングサイト - Panasonic Store(パナソニック ストア).

新商品モニター販売とは、CLUB Panasonic会員限定のサービスで新商品を実際に購入していただき、 その購入前後での貴重なお客様の声を次期商品開発などマーケティング活動に生かす制度です。

ということで、さすがに2年連続雪ということはないと思うので、今年もCP+は初日に行きたいと思います。

« 『やせたいならコンビニでおでんを買いなさい』は、あたらしいコンテンツの誕生の本としてもう一歩踏み込んで欲しかったので勝手に解説文書いてみた | トップページ | cheeroの世界初のイングレス公式モバイルバッテリーついに発売、実は開発に一部ご協力しましたのでご報告 »

投稿:by 2015 02 06 11:13 PM [一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: CP+2015開催直前、事前予習メモ。オリンパスとキヤノンがメインかな?:

 
We are bloggers.