みたいもん

トップ > トレタ, toreta > Yahoo!予約 飲食×トレタの連携をきっかけにして、飲食とネットの関係に大きな変化が始まって欲しいのです!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.04.17

Yahoo!予約 飲食×トレタの連携をきっかけにして、飲食とネットの関係に大きな変化が始まって欲しいのです!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(Yahoo!予約 飲食)とトレタの機能連携が始まりました。

これは、なんといっても勝手=非公式連携じゃなくて、トラブルがあれば、ちゃんと両者が対応する公式連携というところがすばらしいです。

toreta_yahoo_campaign_02

公式連携のすごさは、24時間365日リアルタイムに店の予約情報、つまりは空席状況が反映されるということ。

飲食とかホテルとか、ネット予約を台帳的なものと同期させるサービスってのは、けっこうあるんですが、わりと勝手連携というのが多いんですよ。勝手連携というのは、つまり台帳サービス側が、ネット予約サイトの情報を(たぶんバッチ処理で)巡回して、情報を取ってきて、台帳に反映させるということ。

これどういうことかというと、人が目視でやってることの置き換えでしかないんです。なんちゃって自動処理です。

ホテルぐらいの更新頻度だと、最悪それでも対応できるかもしれませんが、1日で何回も席の状況が変わる飲食店の予約サービスだとそれでいいのかな?と思うところはあります。

Yahoo!予約 飲食店×トレタのローンチに合わせて、いわゆる繁盛店・人気店での導入が発表されています。

 リンク: 実はネット予約できる東京の人気レストラン・カフェまとめ-Yahoo!予約 飲食店.

実にすごい人気店が並んでいますが、こういった人気店でYahoo!予約 飲食店×トレタのサービスが利用可能なのは、リアルタイムでお互いの情報が更新されるというところにあるわけです。

さて、このヤフーとトレタの機能連携、Webメディアだけでなく、WBSも含めて、たくさん取り上げてられています。

 【ニュース動画あり】: ヤフー新サービス 人気店参入のワケ:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京.

店舗数はこれからなんだけど、ユーザーはめちゃくちゃ便利。ネット住民って電話きらいですしスゴイいけてると思う。

トレタは既に2600店舗を獲得しており、デイリーベースで約7,000件、40,000人の予約情報を処理している。ここに更にヤフーからの送客が受けられることになる、というわけだ。

そんな飲食店の課題を解決するのがトレタの予約台帳サービスだ。このサービスはクラウドでデータを管理しており、空席在庫の情報を予約システムとリアルタイムに連携できる(すでにトレタはこれを「トレタかんたんウェブ予約」としてリリースしている)。今回Yahoo!予約 飲食店と連携することで、Yahoo!の膨大なトラフィックの恩恵を受けつつ、店舗は予約事故のないウェブ予約を実現できる。紙の予約台帳では決して実現できなかった世界だ。

ヤフーとトレタというのは、関係者でなくてもインパクトがあるわけで、そこがまたどういう未来につながるんだろうといろいろと考える要素がたくさんありますので、そこを希望的に見ての記事ということになっているんだと思います。

あ、そうそう。知らない人もいると思いますので、関係性の明示というやつで、私自身はトレタでは顧問をやっております。それを踏まえて、続きをどうぞ。

さてさて、ヤフーとトレタの連携がすばらしいと思っているのは、いわゆる三方良しの形を作れているからです。

まずは、飲食店です。なんといってもコストを支払って、現場となるのは店舗さんですから、ここがよし!とならなければ、なにも始まりません。

すでにトレタを導入しているひごの屋さんの言葉を引用します。

トレタとヤフーの連携。どれだけ凄い事なのか。やっぱり飲食店の人間じゃないと判らないだろうな。そう言う意味でも、やっぱりこれは中村さんじゃないと出来ない偉業。ネット予約への憧れやWブッキングへの恐怖。猥雑な作業への苛立ち。そ...

Posted by 長谷場 大亮 on 2015年4月15日

そう、ネット予約便利でしょ!じゃダメなんですよね。

問題解決、それも一石三鳥ぐらいで問題解決しないと、店舗さんは導入できないんです。導入したくでもできない。

このじりじりとした感じを理解しているのは、長年飲食店を経営してきた中村仁だからこそ。それがなんだかんだいっても、トレタの強みであり、トレタの血液となっています。

次にユーザー。

日本では常識的なユーザーはROM専であることは、なんとなくみなさんわかっていると思います。だから、ネット予約をしてくれるような人たちにアプローチするには、データとにらめっこする必要があります。

そして、ヤフーさんの結論がすごいんです。この慧眼。

つまり、ヤフーさんはお客さんが入ってくるところと、お客さんのハートがわかっている。単にヤフーはトラフィックを持っているなんていう単純な話じゃないんです。

だから、そういった「すでにお目当ての飲食店がある」お客さんに対して、「この場で予約できますよ」という出口を用意してあげることには、勝算があるのではないかという仮説を進めようとしているわけです。

最後にトレタ。

正直、トレタからすると、ヤフーさんと連携って話は、渡りに船としか言い様がない話でもあるんですが、これは私も当初かかわったことでもあるので、少し説明します。

 リンク: 「トレタ」と「Yahoo!予約 飲食店」が連携しました : TORETA(トレタ) ブログ.

そうじゃないんですよ。僕らのような予約を管理するツールとグルメ媒体さんがきちんと連携することで、初めて実現できる世界があるんですよ。グルメ媒体さんだけじゃできないことがあるんですよ。

僕らは創業の前からそう言い続けてきて、それでもなかなか理解してくれない会社さんが多い中で、その価値を最も認めてくれたのはヤフーさんでした。

ヤフーさん、すごいんですよ。連携相手をほめるってのもあれなんですけど、ヤフーさんまじ粘り腰。

で、なんでヤフーさんがじっくり取り組めるのかというと、さっきの話に戻るんですけど、ヤフーのみなさんってホント「これはユーザーのためになるの?」ってことしか考えてません。

それはトレタメンバーも同様で「これは飲食店のためになるの?」という視点でしか、基本考えてないんですよね。

ということで、ホント紆余曲折はあったんですが、今回の連携となったわけです。

このデモが成功したときは、ちょっとぐっとくるものがありました。ああ、ホントに動いているなあって。

だって、飲食店のネット予約って2015年の段階で、それが簡単にできてないなんて未来予想図は持ってなかったですよ。2015年って、航空券とかホテルなんて、親の世代ですらネットで予約が当たり前の時代ですよ。

ちょっと記憶が曖昧ではあるんですが、中村仁自身も「どこかが飲食店のためになるサービスやってくれるなら、自分でやる必要なんてなかった」ということも言っていたはずです。

でもね、なんかさっきのサービスと飲食店の間のジリジリ感などがあって、これまで飲食店のネット予約が実現できてないんですよ。これ、もったいないと思いますよ。大きな機会損失のはずなんですよ。

もちろん、この機会損失というのは、飲食店とそこを利用するお客さん双方にとっての機会損失です。

ということで、ホントそろそろ自分の生活に近いところにある飲食店の予約はネットでやるのが当たり前となって欲しいんです。それは自分たちの生活改善にもつながります。

ヤフー×トレタの連携が、その飲食店のネット予約を実現する第一歩となってくれれば、そりゃうれしいですが、それだけじゃなくて、飲食店とネット予約の関係が変化していく先駆けとなって、ここからどんどん全体が変わっていくともっとうれしいというのが、個人的な願いだったりします。

なんか、途中から、自分がどの立場で何を言っているのか、よくわからなくなってきてしまいましたが(笑)、このモデルにはホント成功してもらわないと困るんですよ。

« ダイソン表参道店、世界初の直営店オープン。とにかくお客さんへのサービスたっぷりなのできょう行くべきですよ! #dysonjp | トップページ | 藤井太洋「ビックデータ・コネクト」は、2015年のベスト本であり、ITにかかわるすべての日本人が読むべき本である »

投稿:by 2015 04 17 12:30 PM [トレタ, toreta] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/61448356

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!予約 飲食×トレタの連携をきっかけにして、飲食とネットの関係に大きな変化が始まって欲しいのです!:

 
We are bloggers.