みたいもん

トップ > オタクが世界を救う, デュッセルドルフの旅, #ANAxトラベラーズ, 悪い景観,ドボク,工場萌え,Kojo-Moe, 書評 > 『ヨーロッパのドボクを見に行こう』にデュッセルドルフの建築・ドボク写真を提供しました #ANAxトラベラーズ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.05.25

『ヨーロッパのドボクを見に行こう』にデュッセルドルフの建築・ドボク写真を提供しました #ANAxトラベラーズ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログで始まったことが1つの本になるというのは、それほど珍しいことではなくなってきたのかもしれませんが、ヨーロッパの建築・ドボクという限定されたネタが1冊の本になるなんて、なんてめでたいことでしょうか!

ヨーロッパのドボクを見に行こう

4426119030

 リンク: ヨーロッパのドボクを見に行こう - 何かからはみ出した、もうひとつの風景.

このブログにも多数アップしている欧州ネタをギュギュッとまとめて、6月2日3日に自由国民社より立派な書籍として出版されます。なんとオールカラーの144ページ、税込2,484円。これでもかと言わんばかりに、ハイテンションでホットな情報を大量の写真とともに詰め込んだ、これまでにない旅行本です。

対象とした国は、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、スイスの5カ国。加えてモデルコースやドボク旅行のテクニックも。それを大岡寛典さんと内田圭さんのコンビ(大岡寛典事務所)のデザインによって、濃厚かつカッコイイ本にまとめていただきました。

で、上の引用を読んで、少しでも気になった人は、とりあえずアマゾンをチェックしてください(ここ→ヨーロッパのドボクを見に行こう)。

というのも試し読みできるからです(笑)。

このヨーロッパドボク本の八馬さんのブログ(→リンク: 何かからはみ出した、もうひとつの風景.)は、私も以前から愛読していまして、それどころか私が3月にデュッセルドルフに行った際には、現地から八馬さんにあれやこれやと聞くことができて、現地滞在でのドボク見学がとても充実しました。

ということで、そのお礼というわけではないのですが、というかこんなものお礼にもなんにもならないのですが、このヨーロッパドボク本に私がデュッセルドルフで撮影した建築・ドボク写真を3枚提供いたしました。いやあ、これはうれしいです。

ご提供した写真は3点。

【フランク・ゲーリーの家】

P3030474.jpg

・リンク: ゲーリーの家 - 何かからはみ出した、もうひとつの風景.

ここを見るためだけに、ホテルを選んで良かったです。

【ガルツヴァイラー露天掘り/バケットホイールエクスカベーター】

P3051213.jpg

・リンク: 掘削の現場 - 何かからはみ出した、もうひとつの風景.

この場所まで辿り着くのにドイツの鉄道トラップにひっかかりまくりましたけど、行けてよかったです。

【ライン川・クニー橋

P3030571.jpg

・リンク: 異種格闘技戦 - 何かからはみ出した、もうひとつの風景.

ここは、ほぼ毎日通ったデュッセルドルフのライン川川沿いの景色の1枚です。

なお、これらの写真はすべて、OM-DのE-M5 MarkⅡで撮影しています。たしか、八馬さんもOM-Dユーザーだったはず。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK
B00SMPL31A

OLYMPUS 標準ズームレンズ ED 12-40mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO
B00EY6AV50

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC
B00NED5RTO

M.ZUIKOのPROレンズシリーズの登場で、旅先で使いやすくて、書籍でも使えるような写真を撮れるようになったのは、ホントにありがたいことです。

撮影後の調整は、もちろんAdobeのLIGHTROOM。今回はSurface Pro3で使ってます。

Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版
B00SSULPNA

そんなわけで、PROレンズの超広角ズームレンズもひどく欲しくなっている今日この頃ですが、それはまた別の話。

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO マイクロフォーサーズ用 EZ-M0714PRO BLK
B00X6BSGC4

ということで、建築・ドボク好きの人には説明するまでもなく、この本がおすすめなことは伝わると思うのですが、建築・ドボク系の見学の難関は、やっぱりそれが見ることができる場所になかなかたどりつけないことなんです。

工場萌えツアーとかが流行って理由もここです。ひとりで見れるかどうかわからない場所に行くのはつらいけど、見れるのがわかっている場所にみんなで行けるなら行きたいってことです。

だから、このヨーロッパドボク本は、ちゃんと現地にたどり着けるためのガイドブックとなっているところが、ホントに最高にすばらしいんです。

そんなわけで、ちょっと建築とか好きですよという人で、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、スイスの5カ国に行く予定があるとか、いつか行きたいと思っている人にもぜひおすすめです。

というか、個人的にはこのヨーロッパドボク本は、続編とシリーズ化を希望したいので、みんな予約だ!。いや、これでまじですよ、まじ。

ヨーロッパのドボクを見に行こう

4426119030

ーーー
本記事は、ANAさん旅マガジン「トラベラーズ」の企画にて、ANAさんより航空機のチケットを提供いただき執筆しております。

ANAさん旅マガジン「トラベラーズ」企画の記事一覧は下記バナーより。 ANA_travelers
また本企画に関するツイート一覧はこちらから。 ANAさんの魅力あるサービスや航空機についての詳細は、こちらよりご覧下さい。
ーーー

« 沙村広明の『波よ聞いてくれ』がまさかのマンガのラジオドラマ展開ですげえ楽しみ! | トップページ | 56冊目「ヨーロッパのドボクを見に行こう」八馬 智 »

投稿:by 2015 05 25 07:04 PM [オタクが世界を救う, デュッセルドルフの旅, #ANAxトラベラーズ, 悪い景観,ドボク,工場萌え,Kojo-Moe, 書評] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/61643976

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヨーロッパのドボクを見に行こう』にデュッセルドルフの建築・ドボク写真を提供しました #ANAxトラベラーズ:

 
We are bloggers.