みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 64冊目「権力の終焉」モイセス・ナイム

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.07.29

64冊目「権力の終焉」モイセス・ナイム




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

敬愛する編集者である中川ヒロミさんに教えてもらった1冊。

いつのころからはそう考え始めたのかは覚えてないのですが、権力って単純に経年変化しているだけなんじゃないの?という疑惑が、個人的にずっとあります。

例えば、江戸幕府の成立から何年でこういうことが起きた、明治政府の成立から何年でこういうことが起きたという感じで、妙に符合する感じがあるんですよね(ちゃんと調べてないです)。

でも、権力の終わりについての本なんて見たこともなくて、自力で調べるのもなあとか思ってた人にとって、このタイトルはド直球なわけです。

IMG_20150729_122442

まだ読み始めたばかりですが、著者であるモイセス・ナイム氏の視野の広さと見識の深さは、ちょっとすごいものがあります。

権力の話だけではなくて、この20年世界はどう動いてきたのか?という視点を得られる本としても、これちょっとすごい本なんじゃないの?と思い始めてます。

ソーシャルとか、その他もろもろのことで、どうもこの21世紀の20年は、やっぱり20世紀の20年とは、やっぱなんか違うよねと、うすうす思い始めているというのもありますよね。

帯にはザッカーバーグがうんぬんとか書いてありますが、それで見方を固定してしまうのは、もったいない本だと思いました。

権力の終焉

4822250989

« 63冊目「ドローン・ビジネスの衝撃 小型無人飛行機が切り開く新たなマーケット」小林啓倫 | トップページ | 65冊目「救出: 3・11気仙沼 公民館に取り残された446人」猪瀬直樹 »

投稿:by 2015 07 29 12:44 PM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/61979132

この記事へのトラックバック一覧です: 64冊目「権力の終焉」モイセス・ナイム:

 
We are bloggers.