みたいもん

トップ > Dyson, ダイソン > 2015年秋のダイソン新作「animalpro」はペットの有無よりもカーペットの有無の方が大事

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.10.06

2015年秋のダイソン新作「animalpro」はペットの有無よりもカーペットの有無の方が大事




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新のダイソンは最高のダイソン、というキャッチフレーズがあるのかどうかは知りませんが、ここ何年かダイソンの新製品発表の場に同席させてもらうことが続く中で、そう思うようになりました。

とはいえ、必ず買い換えないといけないというものでもないので、なんていうんですかほらiPhoneみたいな感じですよ。

だから、こういう人は買い換えるといいです、こういう人は買い替えなくてもいいです、とかいう情報はホント必要なんだろうなあと、また再認識しています。

そして、ダイソンの2015年秋のスティックタイプの新作は「animal pro」。その名前が示すように、要するにペット対策の商品です。

ということで、代官山のThe TENTというペット向け商品のセレクトショップ&トリミングサロンで、Dyson Animalproの製品発表が行われました。

P9170281.JPG

ダイソンの製品発表は、まず問題定義からいつもはじまります。

P9170288.JPG

  • ペットの抜け毛が床に散らばる
  • そのペットの抜け毛がカーペットに絡まる

あと、ダイソンオーナーは、ペットを飼っている人がとても多いというのも、調査済みなんだそうです。

そんなペット✕カーペットという難問を解決するために作られたのが、今回のanimalproに搭載されるダイレクトドライブクリーナーヘッド。

P9170297.JPG

ヘッドの中にモーターが入っており、そのモーターでカーボンファイバーブラシとナイロンブラシをぶん回すことで、カーペットに絡まったペットの毛も完全に吸引するというものです。

ということで、これもダイソンの新製品発表会でおなじみの他社製品とのデモ。さすが、すごい結果でした。

デモは、カーペットの上を一往復させています。

この結果です。

右が他社製品(強モード)、左がダイソン(ノーマルモード)。ダイソンで吸引した方は、カーペットの色がちゃんときれいな黒になっていますよね。

P9170307.JPG

そして、またこのanimalproは、このダイレクトドライブクリーナーヘッドを完全に動作させるための新設計になっており、これまでのfluffyなどにこのanimalproのダイレクトドライブクリーナーヘッドをつけても同じ結果とはならないそうです(逆は可能)。

また、過去のカーペット対策商品であるDC62・モーターヘッドと比較すると、ブラシパワーが75%アップしただけではなく、ヘッドそのものも大きくなっているのが特徴です。

P9170333.JPG

また、dyson v6 fluffyで搭載された排気を部屋の空気よりもきれいにする機構は、そのまま搭載されています。

P9170335.JPG

ということで、整理しておきましょう。

  • 家にペットがいて、さらにカーペットが多い家はanimal pro
  • 家にペットがいても、フローリングが多い家はv6 fluffy

要するにこういうことです。

なので、家のほとんどがフローリングであり、ペットもいないので、私はfluffyが最適だということなんです。

それにしても、どうして毎年毎年、いや毎シーズン毎シーズン。ここまでダイソンは攻めますかね(笑)。

で、これをどう表現したらいいものか?ということを、これまで考えていたんですが、結局どこまでもエンジニアリングの会社なんだなあということでいいんじゃないかと思います。

ホント、エンジニアの会社なので、これがいい!ということに気づいたら、ダイソンという会社は、リリースせずにはいられない人たちなのだと思います。

ダイソンのエンジニアが参加する社内イベントで、チャレンジダイソンという企画があります。

社内イベントなのに、ダンボールで作ったラジコンで、砂と水とか炎にまでチャレンジしてます、、、。

なんで、こんなだれにも頼まれていないチャレンジしているんだろうと、外部の人間としては思うのですが、それがエンジニアというものなんでしょうね。

この過剰なエンジニアリングへの熱量は、そう考えるしかないんですよね。

そういえば、2015年秋のダイソンは「秋の大掃除」という提案もしているのですが、それはまた別エントリーで。

これもデータに裏打ちされている話なので、しばしお待ちくださいませ。

▼カーペット向けのスティック
ダイソン サイクロン式 スティック&ハンディクリーナー(ニッケル/レッド)【掃除機】dyson V6 animalpro アニマルプロ SV08MHCOM
B014VV0L48

▼フローリング向けのスティック
Dyson V6 Fluffy+ SV09MHCOM (ニッケル/アイロン)ダイソン スティック&ハンディクリーナー フラフィ コンプリート サイクロン式 掃除機
B00XHCMJNE

« ヤマハ全くの新ジャンルの電動アシスト自転車「YPJ」、そのターゲット設定から見えるもの | トップページ | マイクロソフトSurfaceの2015年モデルSurface Pro4とSurface Book、PVに込められたハートを考えてみた »

投稿:by 2015 10 06 10:30 AM [Dyson, ダイソン] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62398410

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年秋のダイソン新作「animalpro」はペットの有無よりもカーペットの有無の方が大事:

 
We are bloggers.