みたいもん

トップ > adobe LIGHTROOM > Adobe Live 2015参加、画像の権利(ストック)とデジタルとアナログの境界にまで踏み込んでいくるアドビがすごすぎ #AdobeLive

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.11.12

Adobe Live 2015参加、画像の権利(ストック)とデジタルとアナログの境界にまで踏み込んでいくるアドビがすごすぎ #AdobeLive




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Adove MAXの日本版と言える「Adobe Live -Best of MAX」に昨日参加してきました。

IMG_8583.JPG

Adobe MAXってなんなの?とか、当日なにが行われていたのか?とかいうことは、リンク先やAdobe Live 2015の公式サイトやそのアーカイブで復習してもらうとして(ちゃんとキーノートのアーカイブもありますから)、ここでは個人的に気になったものやことなどをメモ的に残しておこうと思います。

つーか、かなり遅れて現地に到着したので、まずはラウンジのINSIDE PHOTOSHOPブースでネタをクリア。

これ、現地での体感よりも仕上がった写真の方がずっと面白いというのが、とてもいいですよね。

そしてセッションの中で、印象的だったのはフォトストックのセッションが用意されていたこと。

アドビのクリエイティブクラウドって、しれっとこういう革命を入れ込んでいるところがこわいんです。

Photoshop CC、Illustrator CC、InDesign CC などのアドビ CC デスクトップアプリケーションから直接画像を購入、使用、管理できます。

しかも日本においては、時代とシンクしています。

細かい話はしませんが、いろんな意味で権利問題をクリアした画像をちゃんと使うことの大事さ、いや逆だ、権利問題をクリアしていないコピペ問題が、日本でこれほど注目されている時期はないわけです。

別にコンプライアンスとかそういう問題じゃなくて、コピペするのはそりゃ悪いことに決まってますよって話なわけです。

で、その話に対して、アプリから直接購入して、クリエイティブシンクで同じ作業をしているメンバーにロイヤリティをクリアした素材を送り込むことさえ、今のアドビ製品にはできてしまうというわけです。

この領域は機能とか価格面だけではない地道な啓蒙もやっていくことがどうしても必要になってくるので、継続的にやっていく必要があります。でも、本来はそんなことアドビの仕事じゃないわけです(笑)。

でも、アドビストックという出口があることで、この領域ですらアドビの仕事になり得ると、、、アドビすげえよなあ。

さてセッションが終わると、おなじみのビアバッシュ。

そこで改めてゲストとして紹介されたのが、Surface x POW! WOW! JAPAN 壁画プロジェクトに参加しているフランキー・スィーヒさん。この人がすごかったんです。

 リンク: 「Surface Pro 4」が11月12日に日本発売 -「Surface Book」は2016年 - 週刊アスキー.

素材集めや壁画の制作まで、一貫してSurface Proを使った制作を行ったとのことで、アーティストの立場から「ダイナミックだけど繊細な絵が描けて、違和感がない。これまで鉛筆とかペンで紙に書いていたが、それに近い間隔で描けるので手放せなくなった」と話していた。

これ、ちょっと動画を見てもわかりにくいと思うので、説明しておきますね。

  • Surface Proで壁画を書く壁面を写真撮影(アナログからデジタルへ)
  • その写真に直接壁画のプランとなる下絵を書き込んでいく(デジタル)
  • そのプランをプロジェクターで下絵を壁面に投影(デジタルからアナログへ)
  • 下絵をなぞりつつ、実際の壁画を完成(アナログ)

え、そんなことがSurface Proだけでできるわけ???と思うんですが、できちゃうんですよ。

IMG_8586.JPG

ラウンジの会場でも、その場で下絵をプロジェクターで投影して、ライブペインティングが行われていました。

IMG_8562.JPG

で、これデジタルはあくまでも制作の補助というところがポイントなんです。

下絵はあるけど、それはあくまでもプランなので、実際の絵を完成させるのは、彼女の筆先なわけです。

アドビのクリエイティブといえば、デジタルの完成品にのみかかわっていると、どっかで思い込んでいませんでしたか?

Surface Proとアドビの組み合わせといえば、個人的にはLightroomこそが鉄板なんですが!

そして、強烈な後押しになったのが、後半に出てくるLIGHTROOMとSurfaceのペンとの相性のよさです。

そんなこともすっかり忘れて、フランキー・スィーヒさんのペイントに見入ってしまいました。

いや見ていたというよりも、そんなことができるのであれば、あんなこともこんなこともできるんじゃないの?っていう可能性を見ていたのかもしれません。

いやあ、やっぱイベントには参加してみないとなにが起きるのかわからないものですね。

そろそろ、油絵に復帰しようかななんてことまで考えてしまいましたよ。いやいや。

マイクロソフト Surface Pro 4(i5/256GB/8GBモデル) Windowsタブレット[Office付き・12.3型] (キーボード別売・シルバー) CR3-00014
B016ZZIS2U

マイクロソフト 【純正】 Surface Pro 4用 タイプカバー ブルー QC7-00072
B016ZYWEGM

マイクロソフト 【純正】 Surface Pro 4対応 Surfaceドック ブラック PD9-00009
B016ZYWG56

« ダイソンのロボット掃除機「Dyson360Eye」ネコの撮影はNGだけどネコにも安全だってさ(笑) | トップページ | ZenWatch2をASUSが日本でも発表、iOS対応でイングレスもできるアンドロイドウェアを待ってたんだよ »

投稿:by 2015 11 12 10:30 AM [adobe LIGHTROOM] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62660871

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Live 2015参加、画像の権利(ストック)とデジタルとアナログの境界にまで踏み込んでいくるアドビがすごすぎ #AdobeLive:

 
We are bloggers.