みたいもん

トップ > オタクが世界を救う > 横須賀の三笠艦内の「宮武一貴原画展」、たぶん二度とないのでホント行っておいた方がいいよ!というか行け!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.11.20

横須賀の三笠艦内の「宮武一貴原画展」、たぶん二度とないのでホント行っておいた方がいいよ!というか行け!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

イングレスの横須賀MISSION DAYのまとめ記事もまだ書けていないのですが、どうせ堀さんもまだ書いてないし、また三笠公園です。

PB190160.JPG

今回の目的は、艦これやってるから、艦隊コレクションを見にきた!のではなくて!

IMG_8716.JPG

三笠に入るなり、後方の少し急な階段を降ります。

IMG_8717.JPG

じゃじゃん!

三笠の中で原画展ですよ!しかも横須賀出身で横須賀在住の宮武一貴さんの原画展ですよ。

PB190099.JPG

会場は、ここからさらに下に進みます。ここ、普段は立ち入り禁止の一番下の階層エリアです。

そこに!なんと三笠の中に!原画展の会場が出現するわけです。

PB190101.JPG

※会場の写真は許可を得て撮影しています

この三笠の中で宮武一貴原画展をやる!という企画を宮武一貴さん自信もひどく気に入ったそうで、設営も含めてご自身で動かれていました。

宮武一貴というメカニックデザイナーという枠をはるかに超えたお仕事をされてきた方ですから、これまで原画展がなかったことが不思議なぐらいで、三笠でやるからオッケーが出たということなのかもしれません。

そんな背景を踏まえて、この原画展の「序」を読むと、なんか感慨深いものがあります。

PB190128.JPG

そして、宮武一貴さんの原画は、ホントまさにすごいとしか言いようがないです。

美しく細い線、これどうやるんだ?という点描。コンセプトデザインに書かれたト書きの数々。

原画だけが持つ力を味あわせてくれます。というか、おれこれらのデザインを見て育ったんだから、生みの親の原画を見ることができるというのは、これ以上のものはないですよ。

あと、しれっとハインラインのサインとかまであるので、お見逃しなく。

なお、会場内は撮影NGなのですが、このお知らせがこんな感じなんです。

PB190105.JPG

これ、ゼントラーディ語ですよね。他にもなんかいろいろと書かれてます(笑)。

PB190109.JPG

原画展会場のちょうどど真ん中のところには、寄せ書きエリアがあるのですが、そのスケッチブックも見逃してはいけません。

宮武一貴さんゆかりのみなさんがしれっと絵とコメントを残しています。

普段、展示会をやるようなギャラリーとか美術館ではないこともあり、どかーんとした図録はないのですが、パンフレット(無料)と記念ポストカードセットが用意されています。

PB190106.JPG

で、注意しなきゃいけないのが、このパンフレット。

PB190129.JPG

なんと開くと、宮武一貴さんのこの展示会のために行われたインタビューが収録されています。

宮武一貴さんの幼少期からの話や、エウレカセブンでの高さ1万メートルの塔をデザインしたときの話などが入っており、これ絶対ゲットして読みましょう。これでしか話してない話が入っていると思います。

なお、ポストカードセットは、三笠の艦内ではなく、三笠の外の売店で売っているので、これもご注意。

そして、この記念艦「三笠」艦内で開催されている宮武一貴原画展も、こんどの連休で終了(11月23日祝まで)です。

ということで、あわててこの記事を書いているので、お時間のあるみなさんはホント三笠行ってください。たぶん、同じような原画展は二度とないですよ。

さて、余談のようなそうでないような話をおまけで。

今年は、実は横須賀製鉄所が作られてから150年という年です。製鉄所はもちろん近代化の象徴ですし、鉄がないと船は作れないので、横須賀に製鉄所がまず作られたわけですし、そしてそれがメカデザインへと、、、というのはこじつけですかね。

でも、幼少期から船を見て絵を描いていたから、今の自分があるという話を宮武一貴さんもパンフレットのインタビューの中で話しているので、そういうこととしてご理解ください。

ちょうど、以下の歴史系の雑誌・ムックでもちょうど横須賀製鉄所の特集ページも組まれているので、こちらも合わせてどうぞ。

歴史読本 2015年秋号 特集 織田信長 天下布武の衝撃

B015QZE2YS

歴史街道 2015年 10 月号
B012BALZHS

« 72冊目「江戸にフランス革命を」橋本治 | トップページ | Surface Pro4のタイプカバーはSurface Pro3でばっちり使えます! »

投稿:by 2015 11 20 08:30 AM [オタクが世界を救う] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62713220

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀の三笠艦内の「宮武一貴原画展」、たぶん二度とないのでホント行っておいた方がいいよ!というか行け!:

 
We are bloggers.