みたいもん

トップ > 1000冊紹介する, 献本 > 75冊目「IoTビジネスモデル革命」小林啓倫

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.12.03

75冊目「IoTビジネスモデル革命」小林啓倫




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで技術が実験段階から、実証を経て、ビジネスが見えてくると、そこに小林(ハイエナ)がやってくる。

ということに私の中ではなっている小林啓倫さんの新刊が、やはりきたぞIoTです。いつも献本いただきありがとうございます。

Snapseed.jpeg

新しいジャンルとはいえ、歴史はあるわけで、この本では1999年のRFIDをIoTのはじまりとしています。実は、10年以上の歴史があるわけです。

そこから先は10年とはいえ、振り返ると一気に事が進んできたことが、本書からもわかります。

この本がすばらしいのは、概論だけではなく、すでにビジネスとして実行している人たちのインタビューを実施しているところ。

いくつかあるインタビューの最後にパーク24を持ってくるあたりは、もうさすがとしか言いようがないですね。

そして、こういうことを書いてくれるから、あまたある解説書の中から、小林さんの本を選びたくなるのが、エピローグの部分。

このエピローグの冒頭で、小林さんはなんとグーテンベルグの破産の話を持ってきます。

ということで、IoTにとどまらず、最新のネットとビジネスを俯瞰する本としてもぜひどうぞ。

しかし、ホント小林さんいつ寝てるんだろ、、、

IoTビジネスモデル革命    
4023314692

« 74冊目「コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液」臼井隆一郎 | トップページ | 株式会社ナイアンティック設立パーティがガチプレゼン大会でイングレスの未来に思いを馳せた件 »

投稿:by 2015 12 03 04:33 PM [1000冊紹介する, 献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62799973

この記事へのトラックバック一覧です: 75冊目「IoTビジネスモデル革命」小林啓倫:

 
We are bloggers.