みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 76冊目「ねにもつタイプ」岸本佐知子

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.12.06

76冊目「ねにもつタイプ」岸本佐知子




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで、なんでこの本を紹介してなかったんだろうか?と思うことが、この1000冊紹介するをやっていると、ままあります。

で、そんな中でも、その最右翼の本がこの「ねにもつタイプ」です。

Snapseed.jpeg

この本、たぶん世間的には(アマゾンレビュー)ゆるふわかほんわかでくすっとなるエッセイとしてどうも認知されているらしい。

で、それには異論があるので、今これを書いているわけです。

岸本さんの本業は、翻訳家です。代表作は、たぶん 中二階ということでいいはず。

岸本さんのすごさというのは、とにかくずっと考えている人だということ。

ねてもさめても、とにかくずっと考えている。その狂気が見え隠れするのが、この本のすごみなのです。翻訳家って、こういう人たちなのかもと思わせてもくれます。

本の中に笑いの要素を入れてくるのは、それは物書きとしてのサービスにすぎないと思います。

ということで、この話が通じる人だけ、この本を手に取っていただければと思います。

ねにもつタイプ
4480814841

« 株式会社ナイアンティック設立パーティがガチプレゼン大会でイングレスの未来に思いを馳せた件 | トップページ | デルのNewXPS13ゴールドモデル買いました、そして買う前にペンをあきらめました »

投稿:by 2015 12 06 10:26 PM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62820837

この記事へのトラックバック一覧です: 76冊目「ねにもつタイプ」岸本佐知子:

 
We are bloggers.