みたいもん

トップ > Yahoo_myThings > ヤフーmy Thingsのクリスマスイベント開催:ソニーのアロマすごすぎるし、BOCCOが欲しくなりすぎました

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.12.17

ヤフーmy Thingsのクリスマスイベント開催:ソニーのアロマすごすぎるし、BOCCOが欲しくなりすぎました




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフーさんのとても大好きなサービス「my Things」のクリスマスイベントがあるというので、勇んでお邪魔してきました。

いやあ、いいですよ。ヤフー・my Things。

PC162009

懐かしのYahoo! Pipesを持ち出すまでもなく、最近だとIFTTTの名前を出すと、この応用性の高さと羊を被った狼ぶりを想像できると思います。

また、なにが素敵って、IoT向けといいつつも、これまでネットウォッチャー界でひたひたと行われてきたことを野に放つようなメニューなんかもあったりして、、、

ヤフーは7月27日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)製品とサービスを結ぶAPIを集約した開発支援プラットフォーム「myThingsプラットフォーム」を発表した。IoTデバイスやWebサービスと連携したさまざまな製品・サービスの開発が可能で、事業者向けに提供していく。同プラットフォームを活用し、一般ユーザーがWebサービスを組み合わせてさまざまな機能を実現できるスマートフォンアプリを公開した。

また、勝手にヤフーさんの事情を想像すると、my Thingsがあることで、ここのサービスでAPIとか外部接続のことを考えないで済むわけで、意外と内部的にもいいサービスなのかもしれないとか思ったりもしますね。

もちろん、この手のサービスの裏にはサーバもあるし、デファクトになってしまえば、、、、おっとこの先は、、、

ということで、みんな大好きmy Thingsと連携しているサービスが一堂に会する会場となったわけです。

協賛企業さんは、こんなラインナップ。

  • ユカイ工学 株式会社
  • 株式会社グラモ
  • 株式会社Cerevo
  • JAWBONE
  • 株式会社フォトシンス
  • シャープ株式会社
  • 株式会社IDCフロンティア
  • アスクル株式会社
  • Wunderlist
  • IKEA船橋
  • First Flight
  • ミスフィット社

今、これを書きながら、イベントのことを思い出すと、なんかたくさん見落とした感じもするのですが、まあ気にせずに続けます。

PC161990

はい、これもみんな大好きMisfit(社名の由来は松尾さんの分析&インタービュー記事に詳しいです)。

中国では、すでに20万個とか売れているSHINE2も来年には日本でも正式発売されるはずです。

このSHINEがmy Thingsとつながると、アクティビティトラッカーが急に人の動きを検出するセンサーに化けるわけです。うひゃー。

PC161987

この手のジャンルでは、毎度おなじみのMESH。なにかをやってみようとする際のインターフェイスの役割を担ってくれます。これもmy Thingsにつながるとヤバい。

そして、今回のイベントで、この技術の基礎技術ぶりと応用範囲のすごさをいちばん想像させてくれたのが、ソニーのアロマ製品『AROMASTIC』です。

私も一見したときは、ソニーがアロマ???化粧品???え?え?とか思ったんですよ。

PC162007

ソニー独自の微細加工技術により実現した、香りカートリッジに5種類の香りが混ざることなくセットされています。香りを楽しむときは、本体の上部を回転させ、その時の気分に合った香りを選び、ボタンを押すだけ。ボタンを離せば瞬時に香らなくなります。

スティックの先端部分を回せば好きな香りを選択可能。側面のボタンを押している間だけアロマが香り、ボタンを離せばすぐに香りが消える仕組みのため、職場や電車といった公共の場でも周囲を気にせずに使用できるとしています。

分かります?これ。

ソニーは、瞬間的にそれも複数のにおいをせまい範囲でのみ発生させる技術を(しかも光ディスクというケミカル技術の応用)すでに実用化しているということなんですよ。

しかも、今回の製品は5種類のにおいなんですが、すでにその製品のサイズがびっくりするほど小さいんです。

PC161994

PC161998

そう、なんていうんですかね。立派な実印ぐらいのサイズ感です。

そして、そのにおいのカートリッジがまた小さい。

PC161999

これね、1つのカートリッジで、1つのにおいじゃないんです。1つのカートリッジで、5つのにおいを出せるんです。

ということはですね、、、

そう、もうけっこういろんなところに仕込めるサイズ感なんですよ。衝撃ですよ。

しかもね、このイベントに出展しているということはですね。

すぐには実現できないかもしれないけど、my Thingsとつながる。いやIoT化可能なんですよ。これはすごい。

とりあえずはエンタメとか、映画とか、睡眠とか、リラクゼーションぐらいしか思いつきませんが、このソニーのScententsという技術はですね、、、

これまでの複製技術の世界で中心となってきた聴覚・視覚に加えて、嗅覚も刺激する可能性を提示しているわけです。それもかなりの実用度なんです。これはすげえ。

つまんない例えですが、アクティビティトラッカーとmy ThingsとソニーのAROMASTICを組み合わせれば、寝ようとしたら、枕からラベンダーの香りがして、実際に寝たら、その香りを止めるなんてこともできるわけです。

いや、時かけのあのシーンで、座席からラベンダーの香りを出すこともできるわけです。

ひゃあああ。すげえ、ソニーすげえ。そして、それに目をつけているヤフーすげえ。ぼくも混ぜてください(マジ)。

あ、ついでなので、ウエアラブルということについての私見を少し。

ウエアラブル端末の究極は、そりゃ洋服です。そんなことはわかってます。問題はそれがいつ実現されるかというだけのこと。

でも、それはそんなにすぐではないので、その中間地点というものがあるはずです。そして、私は当面のウエアラブル端末の主戦場はカバンになると思ってます。

だから、実はひらくPCバッグの表というのは、ウエアラブル端末を固定させることができるようにドットの穴が空いているわけです。

ということで、これにピンときたみなさんぜひご相談ください(マジ)。

でだ、でだ。

さて、このイベント。私が参加した理由の最大のものがあって、それがBOCCOです。

BOCCOが景品として出ていたんですよ!でも、私がふくびき回す前に当選者が出てしまっていました、ぐぬぬ。

で、冗談はその辺にして。

BOCCOというのは、ロボット型のコミュニケーションマシンです。

コミュニケーションマシンなんていうと、めんどくさい感じですが、要は連絡帳です。でも、もちろんIoTの範疇にきっちり入ってきます。

BOCCOは、Wi-Fiと、センサと通信するための近接無線の機能を搭載している。インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサの情報をスマートフォンに通知できるという。

ということは、遠隔地からのやり取りは当然できます。なので、まずはBOCCOは、家庭内の時差・距離差をBOCCOで埋めるものとして提案されています。

しかもドアセンサーと連動しているので、子どもの在・不在やそこに対する連絡・コミュニケーションというところまでカバーします。

で、それらを実際のシーンに翻訳したコピーが「BOCCOは留守番中の子どもの見守りを助けるロボットです。」となるわけです。

でも、実はこのBOCCOリリース時からすごく気にしていたんですが、用途と留守番と親子だけに限定して、このBOCCOは考えていいんだろうか?ということを、勝手に自問自答していたわけです。

さてさて。このヤフーさんのmyThingsイベントに参加しているということは、実はこのBOCCOもmyThingsと連携します。

今回「myThings」内で「BOCCOチャンネル」が開設された、他のサービスをトリガーとして、BOCCOの機能を利用できるようになった。これにより例えば、活動量計で起床したのを確認すると「おはよう」と挨拶したり、体重計で計測したときに体重が減っていると「ダイエットがんばったね」と励ましたり、天気予報サービスで雨の予報だと「傘をわすれないで」と注意をうながしたりといったように喋ることができるようになる。

これはね。BOCCOの可能性をぐぐっと広げます。

そう、人間様がやらなくていいことを肩代わりさせて、かつ楽しい生活をサポートしてこそのロボットなんですよ。そうでなきゃ、ロボット型をしている意味がないんだよ。

便利なんて、その楽しさのその次だ!、いやその次の次の次ぐらいだよ!

また、BOCCOのサイトには、こんなこともしれっと書いてあるんです。

BOCCO1体につき、8個までセンサーを追加でき、ドアの開閉以外のことを知らせてくれるセンサーも今後開発の予定です。

しかもね。

実はBOCCOって、その中にはLinux入ってるそうで、これからの拡張やアップデートはまだまだ可能なんです。

BOCCOを「留守番中の子ども」に限定して考えると、なにか大事なものを見落とすのではないか?という懸念は、まだ残ってます。

でも、ここを「家庭」と書き換えると、もう少しただのガジェット好きのおっさんにも、少し光景が見えてきます。

そう、ある程度普及したガジェットの次の普及の最大の壁は家庭です。

デジタル・ガジェットの中で、よっぽどのもの好きな家庭でもない限り、家庭の中に入り込めているものが一体どれだけあるでしょうか?

なんてことも考えていくと、こりゃおれ、このBOCCOのチャレンジに付き合わないのは、ちょっとまずいんじゃないかなと、自分をホントに説得し始めております。

BOCCO(ボッコ) コミュニケーションロボット
B015SQSYCQ

« アップル純正のバッテリー付きiPhoneケース「iPhone 6s Smart Battery Case」はいいことだらけだった | トップページ | 77冊目「よつばと!13巻」あずまきよひことダンボーバッテリーの話 »

投稿:by 2015 12 17 10:30 AM [Yahoo_myThings] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62883714

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフーmy Thingsのクリスマスイベント開催:ソニーのアロマすごすぎるし、BOCCOが欲しくなりすぎました:

 
We are bloggers.