みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 82冊目「へうげもの」、終わりがわかっているせつなさと楽しさと

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.01.27

82冊目「へうげもの」、終わりがわかっているせつなさと楽しさと




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史もののきつさというのは、この先訪れる結末が、とっくにわかっていることです。

ということで、まちがいなく歴史に残るマンガのひとつになるへうげものもまもなく最終局面です。なにしろ、大坂冬の陣のはじまりです。

うっかりしてて、読み損ねていた19・20・21巻を一気読み。

IMG_9485.JPG

両親の故郷が大阪でしかも市内なので、大阪城にはそれなりの土地勘と思い入れがあるのですが、この21巻では、その慣れ親しんだ町名がいくつも舞台として出てきて、個人的にとても楽しかった。

地名を聞くだけで大阪城までの距離感がわかり、さらにそれがわかるが故に大阪城の巨大さがすっとわかるというのは、おれの幼少期にまじで感謝という次第です。

そういえば、先日とある席で御堂筋の話になったんですが、大阪を知っていると御堂筋は車が北に向かって一方通行ということを自然と理解しています。

つまり、雨の中御堂筋を南に向かっているという描写があると、それはほぼ確実に徒歩ということなんですよね。

地形とかインフラって、こんな感じで、ときどき物語にはっと繊細な表現を提供してくれるので、やっぱりインフラを愛でるということはやめられないですね。

って、これなんの話だ(笑)。

へうげもの(21) (モーニング KC)
4063885380

« 81冊目「バッドカンパニー」深町秋生 | トップページ | 83冊目「ハードボイルド園児・宇宙くん」「マリーミー! 」、LINEマンガという再発明 »

投稿:by 2016 01 27 10:30 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63127255

この記事へのトラックバック一覧です: 82冊目「へうげもの」、終わりがわかっているせつなさと楽しさと:

 
We are bloggers.