みたいもん

トップ > いしたにまさきの仕事 > オウンドメディアの設計のことばかり考えていたら、JJにひと回りしろって言われた(言われてない)

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.01.11

オウンドメディアの設計のことばかり考えていたら、JJにひと回りしろって言われた(言われてない)




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

説明は、まだ後日するのですが、今いろいろとあって、オウンドメディアの設計をしております。

ということで、まあとりあえずみんなはどうしているんだろうと調べるわけです。一応、一応ね。

もちろん、表に出ている話は、基本話半分と思いつつ読んでいくわけですが、しかしオウンドメディア関連の記事って、実に多いし、質も高い。

マーケティング戦略は全体で考えられたものであることが理想です。オウンドメディアやコンテンツマーケティングはその一部を担っている手段であり、目的ではない

「クリエイターからの熱量を記事にこめることが大事」と語る柿次郎氏は、ライターのやりたいことや個性をどう企画に落とし込むかを、編集長として日々考えているそう。

「コンテンツのプロがやっても、最低半年、実質1年はかかります。動きの早いバイラルでも失敗しているところは多いですよね。ただ、メディアの成長が売上や利益といった業績指標と結びつくように設計しておけば、メディア企業のウェブ媒体よりも多くの予算を獲得できるはず」  安田編集長のプレゼンでは、オウンドメディア運営のヒントを具体例を交えて紹介。何よりも「だれに」「何のために」オウンドメディアを作るのかが一番大事だと強調した。実は「Web担」も、企画書の想定読者と実際の読者が全く異なっていたという。

THE BAKE MAGAZINEはsocial/directが合わせて8割で、コーポレートサイトに比べると圧倒的にFacebook、Twitterからの流入が多いです。

調査の結果、オウンドメディアには集客における4つの成功パターンが見えてきました。

フェイスブック、ツイッターに代表される、ソーシャルメディアの普及と多様化に伴い、企業とユーザーの接点は多種多様になりました。この中で、各メディアを統合・補完し、企業評価を相乗的に高める役割を担うのが、オウンドメディアです。

ここで私たちが分類しているコンテンツジャンルの一部をご紹介します。

アクセス数を集めるために効果的な施策を知り、計画的に実行する必要があります。

そして、ひととおり読んでいくとわかってくることがあって、これらの記事、とても役に立つのですが、なんか大事な中心が抜けているんですよね。

でも、それは仕方がなくて、オウンドメディアの中心軸というのは、そのオウンドメディアを運営する企業自身が、自分たちのビジネスと照らし合わせて、自分たちで構築しないといけないからなんですよね。

ここは、ホントに正解がない領域なんですよ。正直なんでもいい(笑)。まずは自分たちで仮設立てるしかないんですよね。

ただ、はっきりしていることもひとつだけあって、企業がオウンドメディアを使う場合、お客さんを企業のやることに引きつけないといけないわけです。いや、引きつけるは言い過ぎかも、とにかく距離を縮めたいわけです。

さて、私はスターウォーズのEP7を見て、そこで何が起きたのかを反芻しながら考えてもいました。

そして、WIREDのスターウォーズ特集のページを見ていました。そこにはJJエイブラムスのページが当然のようにありました。

そして、最後にTEDでのJJエイブラムスの話がEmbedされていました。

J.J. Abrams: The mystery box

8分半ぐらいから、JJエイブラムスは、まさにスターウォーズの話から(このTEDはJJエイブラムスがスターウォーズの監督を引き受ける7年前のものです)、映画のストーリーと謎の箱の話を始めていきます。

  • あれ?これはなんだろう?
  • もう一度見なきゃ
  • 謎の箱はどうして必要なんだろう?
  • もう一度見なきゃ

とこんな感じで、私は一晩に数回、このJJエイブラムスのTEDを繰り返し見ました。

ここで、最高なのは「ジョーズ」のシーンです。そして、ビデオiPodの話を始めます。

ここまでくれば、さすがの私でも、このJJのTEDがなぜ今の私に必要なのかがわかってきます。

そう「ひと回り」です。

オウンドメディアでは、企業とお客さんの関係を「ひと回り」させないと、謎の箱は見えてこないのです(JJはそんな話はしていません)。

おいおい、お前はなにを言ってるんだと思われていることを承知で、このまま書き続けますが、、、

いいんですよ!

このひと回りで、私はWebメディアではなく、オウンドメディアに必要なことが見えたんですから、それでいいんです。

このJJの謎の箱は、たぶんヒッチコックのマクガフィンでも、同じことだと思います。要するに、なにかを作らなくてはいけないものが、インスパイアを受けるきっかけになれば、それでいいんです。

それはどこにも落ちてなくて、自分で1日ぐらいはかけて拾いにいかないと、やっぱり発見できないんですよね。

ということで、新年の1月半ばで、よくわからない話をしていますが、とりあえずJJエイブラムスありがとう!

LOST (シーズン1-6) コンパクト BOX 全巻セット(新作海ドラディスク付) [DVD]
B00HZYYSH0

« 78冊目「モナドの領域」筒井康隆 | トップページ | 79冊目「すごい家電」西田宗千佳、これはパナソニックのすごさ本 »

投稿:by 2016 01 11 10:40 PM [いしたにまさきの仕事] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/62958556

この記事へのトラックバック一覧です: オウンドメディアの設計のことばかり考えていたら、JJにひと回りしろって言われた(言われてない):

 
We are bloggers.