みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 85冊目「マージナル・オペレーション」キムラダイスケ・芝村裕吏、戦争屋という現実

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.02.03

85冊目「マージナル・オペレーション」キムラダイスケ・芝村裕吏、戦争屋という現実




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、いちばん楽しみにしている連載のひとつが、このマージナル・オペレーション。

特にこの5巻では「戦争屋」という言葉が繰り返されています。

Snapseed.jpeg

戦争とは何か?

それには、いろいろな読み解きがあり、お題目があったりするものですが、でもね、結局ね、戦争も、それも現代の戦争というのは、そこに経済的合理性があるから実行されているという話も、いろいろな場面で語られることです。

ただ、その経済的合理性は大枠の話、例えば国家間の紛争、としてたいてい語られます。でも、戦争が戦争である以上、そこには戦場という現場があるのです。

マージナル・オペレーションで描かれてるのは、その戦場です。それも傭兵、さらに子供の兵隊という設定です。

なぜ、それが実現可能か?とかいう話も大事なんですが、それはマンガを読めばわかることなので置いておいて、最新刊ではその設定があるからこそ描ける舞台に話は移っています。

でね、そのおかげでまた戦争と経済的合理性を描くのにぴったりな話の展開となっているのです。

1巻を読み始めたときには、戦争を経済的合理性というテーマも描かれていましたが、この5巻では、さらにそこに現実感が強くなってきています。

ということで、まあ食わず嫌いはやめて、ぜひ読んでみて欲しいですね。

マージナル・オペレーション(5) (アフタヌーンKC)
4063881105

« 84冊目「OLが考えたお金を増やすたった1つの方法」松川佑依子、等身大の株式入門本 | トップページ | 『別冊群雛 (GunSu) 2016年 02月発売号』で小説家藤井太洋の話をしてきました »

投稿:by 2016 02 03 10:30 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63153714

この記事へのトラックバック一覧です: 85冊目「マージナル・オペレーション」キムラダイスケ・芝村裕吏、戦争屋という現実:

 
We are bloggers.