みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 89冊目「パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ」を再読中

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.02.15

89冊目「パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ」を再読中




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には、いろんな仕事がありまして、まずはこう分類せよと、人生の先輩に教わってことがあります。

  • 楽しくて金になる仕事
  • つまらなくて金になる仕事
  • 楽しくて金にならない仕事
  • つまらなくて金にならない仕事
でも、実は重要度としては、こう考えるべきだとも同時に教わりました。
  • 楽しくて金になる仕事
  • 楽しくて金にならない仕事
  • つまらなくて金になる仕事
  • つまらなくて金にならない仕事

なぜかというと、いちばん上は説明しなくていいですよね。

それ以外の3つで、いちばん上の「楽しくて金になる仕事」に変化するのは、基本的に「楽しくて金にならない仕事」だけということなんです。

じゃあ、その「楽しくて金にならない仕事」をどこですればいいのか?ということ、それがパブリックという命題なわけです。

Snapseed.jpeg

これを別角度から眺めると、堀さんの以下の記事になります。

絶対の成功を約束はできないものの、私自身がそうであるように、無料でなにかを届けているうちに時折仕事をいただいて、結果的に20冊ほどの本に携わる幸運も、たまにはあるのです。私は 0 に賭けているのです。

私は、今基本1人で仕事をしているのですが、この状態というのは、うっかり油断すると、自分のすべての時間にお金をつけてしまいます。

でも、それって終わりの始まりなのです。なので、実は「楽しくて金にならない仕事」というのは、未来への投資なのですよね。

ただ、その投資を行う場をパブリックと規定した場合、それはもちろん公共という意味ではなくもっと広義の意味、パブリックに自分をどう置いていくべきなのか?、もしくはそこに置かれたという自分をどう見ておくべきなのか?ということも、もう少し自覚的でありたいああと思って、再読しているというわけです。

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ

4140815132

« 88冊目「村上隆の五百羅漢図展・展覧会カタログ」 | トップページ | 90冊目「アップルシードα2巻」黒田硫黄、堂々の完結。これを読んでない人はおれの知り合いかもしれないけど、友達じゃないと言いたくなるよ »

投稿:by 2016 02 15 10:30 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63202147

この記事へのトラックバック一覧です: 89冊目「パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ」を再読中:

 
We are bloggers.