みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 91冊目「百姓貴族4巻」荒川弘、世代を超えて読ませたいマンガといえばこれ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.03.09

91冊目「百姓貴族4巻」荒川弘、世代を超えて読ませたいマンガといえばこれ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

荒川弘という作家に気づいたのは、私はずいぶんあとのことで、なにしろ初めてちゃんと読んだのは、「銀の匙」。

その銀の匙があまりにも面白いもんだから、あわててハガレン全巻一気読みしたぐらいの勘の悪さなのです。

というか、アルスラーン戦記おもしろすぎだろ。

そして、間隔があいているのでまだ4巻しかないのが、さらに荒川弘の最高傑作にはならないかもしれないけど、いちばん好きな百姓貴族。

これはホントに子どもにも読ませたいので、全部紙で買ってます。

IMG_9856.JPG

話の内容は、要するに農家の話なんですが、これを読んではじめて荒川弘が女性であることを知ったわけです。

で、同時にハガレンですら垣間見える命に対する作家の強い姿勢みたいなものの正体が、幼いころから家畜を中心とした命のやり取りに支えられていることも理解するわけです。

もちろん、マンガ1つ読んだぐらいで、命の大事さを学ぶこともできないんですが、目の前にある牛乳とかバターとか肉というものが、どこからきているのかぐらいは、人としてわかってないとまずいわけです。

ということで、とにかく荒川弘すごいです。

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)
4403671756

« バード電子の超絶美麗な10年品質のステンレス製マウスパッド「SMP-10M」が15年ぶりに再発されるわけ | トップページ | GODJPlusは21世紀の高音質・高機能ラジカセとしか思えないので、速攻支援しました »

投稿:by 2016 03 09 10:30 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63318903

この記事へのトラックバック一覧です: 91冊目「百姓貴族4巻」荒川弘、世代を超えて読ませたいマンガといえばこれ:

 
We are bloggers.