みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 94冊目「SUPER BOSS (スーパーボス) 」シドニー・フィンケルシュタイン、師匠の対象化に挑戦した本

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.03.30

94冊目「SUPER BOSS (スーパーボス) 」シドニー・フィンケルシュタイン、師匠の対象化に挑戦した本




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルを聞いた瞬間に「しまった!やられた!」と思うしかない本というのは、年に何冊か遭遇します。

このスーパーボスは、そういう一冊。

そうだよ、その言葉にすればよかったんだよと、聞いた瞬間にいろんなことが理解できるビックワードとしか言いようがない言葉。

それを発見できた著者と編集さんは幸福ですねえ。というかうらやましい、つーかずるい。

IMG_0268.JPG

個人的にスーパーボスという言葉がすっと私の頭に入ったのは、とりあえずWeb業界としますが、周囲にそういったスーパーボスがいるとしか考えられないよう環境を具体的に知っているからです。

私はそういった環境のことを「ファーム」と勝手に呼んでいます。

さすがに具体的な社名とか師父的な人の名前は避けますが、気づくとあそこ出身の人が、とあるジャンルでどんどん主要なポジションに入ったり、おや?と思い返すとあの師父にしごかれたとした思えない人たちがいろんな会社でぐんぐん出世していく様子を見ております。

私はそれを環境としてしか見てなかったので、ファームという言葉を使っていたわけです。でも、言われてみればわかるんですが、牧場主がいないファームというのはないんですよね。これはうっかりしてたと言わざるを得ません。

ついでなので言いますが、ファームがあれば逆ファームってのもあるわけで、とあるところに元○○が増えてくると、そのとあるところも終わりのはじまりという空気が漂ってくるというわけです。

さて、このスーパーボスを目次だけの時点で信用したのが、スーパーボスそのもののの分類です。

因習打破主義者、栄誉あるろくでなし、養育者

つまり立派なボスだけがスーパーボスだけじゃないということです。この感覚は、ファームウォッチャーの肌感覚とも一致するところです。

さてさて、このスーパーボス。本というコンテンツとして、実は少しチャレンジなことをしております。

だって、線引いてあるんだもの!

IMG_0269.JPG

ということで、こちらのスーパーボスは4月2日発売で、絶賛アマゾンで予約受付中です。

自分の中に、誰しも1人ぐらいは人生の師匠がいると思うんです。私も師匠の対象化という通過儀礼のつもりで読んでいます。

SUPER BOSS (スーパーボス)
4822251489

« 93冊目「惑わない星・1巻」石川雅之、ホントこの人は天才なんだね | トップページ | 95冊目「大奥1~12巻」、マンガの解像度問題でiPad Proが欲しくなって困る »

投稿:by 2016 03 30 10:30 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63407774

この記事へのトラックバック一覧です: 94冊目「SUPER BOSS (スーパーボス) 」シドニー・フィンケルシュタイン、師匠の対象化に挑戦した本:

 
We are bloggers.