みたいもん

トップ > ニュージーランド航空でいくクライストチャーチの旅 > ニュージーランド航空での成田発オークランド経由クライストチャーチ到着までをご紹介 #airnzjp #link_nz

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.07.07

ニュージーランド航空での成田発オークランド経由クライストチャーチ到着までをご紹介 #airnzjp #link_nz




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ということで、ニュージーランド航空で直行便でオークランドに入り、国内線に乗り換えて、クライストチャーチにいます。

※今回のニュージーランドへの旅はニュージーランド航空から航空券の提供のみ受けています。

日本からニュージーランドに直行便が出ているのは、ニュージーランド航空だけ。日本からオークランドまでが約11時間で、さらにクライストチャーチまでが約1時間半なので、まあざっくり12時間のフライトです。

まあ、遠いといえば遠いのですが、そもそもニュージーランドが世界中どこからも遠いところにありますからね。日本からだと遠いというイメージなんですが、実はニュージーランドから見ると、むしろ日本は(他の国に比べれば)近い国という印象なんだそうです。

でだ。

日本からのニュージーランドへの直行便は成田からです。ニュージーランドとANAのコードシェア便。

Untitled

日本を夕方に出るフライトなので、ニュージーランドには早朝に着き、その日の行動はとてもしやすい時間です。

Untitled

乗る飛行機は787-9。もちろんエコノミー。

搭乗時の787-9の照明はむらさきでした。これ、ニュージーランド航空のカラーみたいですね。

Untitled

いまどきの機材なので、目の前にUSB充電端子がついてます。しかも足元にもAC電源があります。

これは地味にありがたい。

Untitled

で、そんなことを確認していると、なんか急におかしなビデオが流れ出しました。

あれ?なんだ?これ???

Untitled

見ていると、飛行機の機内の設備の説明をしています。でも、なんかそういう説明の動画って、他のエアラインってこんなんじゃないですよね。

Youtubeにもアップされています。

リリースもありました。

「ニュージーランド航空は最近、オールブラックスとニュージーランド・ラグビー協会へのスポンサーシップを2020年まで継続することを決めましたが、それを祝うのに最もふさわしいのが機内安全ビデオだと考えました」

えーと、この理由がどうかとは思うのですが、こういう試みはいいですよ。だって、こういう動画なら、とりあえず見ますからね。いつも同じ説明動画だと、結局誰も見ないなんてことになることだって、あり得ます。

ただ、何も知らずに、機内でこの動画がいきなり流れてくると、それなりにびっくりすることだけは、ご報告しておきます。

夕方発で早朝に着く便なので、機内食は晩ごはんと朝ごはんです。エコノミーですから、特別豪華ということはないのですが、正直普通においしかったです。

Untitled

Untitled

機内食って、いろいろとやって、なんか味もよくわからなくなって、私なんかは結局塩とこしょうをぶっかけて流し込むみたいな場合もあります。

その点、ニュージーランド航空の機内食はなんていうか、いい定食屋のごはんってこういう感じですよ。実にごちそうさまでした。

今回は、機内のごはんの時間以外はほとんど寝ていたので(787だと私は熟睡できるんです)、映画などは見なかったのですが、意外と観光ガイドがちゃんとしていて、それを見ていました。トリップアドバイザーの情報も見れるのはなかなかすごい。

Untitled

Untitled

オークランドに到着すると、国際空港から国内空港まで移動。このグリーンベルトを目印にして、徒歩10分ぐらいです。

Untitled

まあ、要するにドメスティックの玄関はインターナショナルの隣です。

Untitled

で、実は成田からオークランドまでの到着が少し遅れたせいで、予定していたクライストチャーチ行きの飛行機に間に合わなかったんです。

でもね。

そこは、さすが同じ航空会社なので「あ、遅れたのねー」とあっさりその場で1時間後の便に振り替えてくれました。

実は、ちょっと焦っていたので、ほっとしました。ということで、A320でクライストチャーチへ。

Untitled

飲み物とおやつが出ました。

Untitled

このクライストチャーチの看板いいですね。

Untitled

さてさて、このニュージーランド航空ですが、実は創業75周を迎えた会社です。正直、私ちょっとびっくりしました。そんなに歴史のある航空会社とは思ってなかったです。すいません。

で、このニュージーランド航空75周年記念展示が、カンタベリー博物館で予定されています。

カンタベリー博物館は、私が泊まったホテルから歩いていけるぐらいのところにあるんですが、これはちょっと惜しかったです。9月以降にクライストチャーチに行ける人はぜひ。

ということで、ここからクライストチャーチの3日間、またもろもろ書いていく予定です。

« ニュージーランド航空でクライストチャーチに行ってきます #airnzjp #link_nz | トップページ | 114冊目「ウェブでメシを食うということ」中川淳一郎、え!トクリキーだけじゃなくておれも出てるじゃん! »

投稿:by 2016 07 07 08:15 PM [ニュージーランド航空でいくクライストチャーチの旅] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63874627

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランド航空での成田発オークランド経由クライストチャーチ到着までをご紹介 #airnzjp #link_nz:

 
We are bloggers.