みたいもん

トップ > ニュージーランド航空でいくクライストチャーチの旅 > ニュージーランド航空でクライストチャーチに行ってきます #airnzjp #link_nz

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.07.04

ニュージーランド航空でクライストチャーチに行ってきます #airnzjp #link_nz




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、今週はニュージーランドにいる予定です。

というのも、ニュージーランド航空から航空券をご提供いただきまして、残りは自腹でのニュージーランドの旅というわけです。

ニュージーランド航空さん「airnewzealand.jp」ありがとうございます。

事前にあんまり旅の下準備をしない方なのですが、メモ的にもろもろ残しておきます。

そもそもですね、今回のニュージーランド航空さんのお話、私はあんまり興味なかったんです。だってほら、ニュージーランドといえば、大自然でしょ。

そら、私だって、星空とか見ればきれいだなあとは思いますよ。夕焼けとか山の緑とかきれいんですよ。

でもね、じゃあそこに自分でそれなりに時間を使うつもりがあるかというと、なんかのついでならいいという程度だと言うことに、たしか10年ぐらい前に気づいたんですよ。

ああ、なんだおれは都市と人、というか人工物にしか興味ないんだな。

これです。

なので、どうしようかなと思いつつもいろんなページを見ていたら!あったんですよ!見なきゃいけないものが!

建築家・坂茂の紙の教会です。英語表記はカードボード・カテドラル。

Cardboard Cathedral

2011年2月22日に発生したM6.3のカンタベリー地震は、街のシンボル的存在であったクライストチャーチ大聖堂にも深刻な被害をもたらした。これを受け、新たな仮設のカテドラルを設計することとなった。 現地で調達可能な紙管とコンテナーを用いて三角形の断面を形成する。

震災後、心のより所が一層必要となったクライストチャーチに住む人たちのためにデザインされた聖堂は、正面から見るとアルファベットの「A」の様に見え、三角形が多数使用されている。そのフォルムや素材から木のような温かさが伝わり、人々をホッとさせる雰囲気が感じられる。

ということで、目標設定完了です。

ニュージーランド航空側にも、「大自然とか興味なくて、クライストチャーチの紙の教会が見たいだけなんですけどいいですか?」と打診。

「そんな人他にいないのでオッケーです!」とご承諾いただきました。

ということで、以下改めて事前準備です。

  • 訪問地はクライストチャーチのみ
  • フライトの都合などで3泊5日でエアー手配、帰りは深夜便なのでクライストチャーチ空港に入れるパスも準備(パスがなくてもエアーチケットがあればオッケー)
  • ホテル、紙の教会周辺で評価もよかったリッジズ ラティマー クライストチャーチをHOTEL.COMで手配(日程ミスしたんですが、電話で速攻対応してくれました)
  • モバイルルーター
  • Uberが使えるかの確認 → クライストチャーチのUber
自分の準備はここまで、これだけやっておけば、まあオッケーです。

で、あとは可能であれば、現地で連絡取れる人に連絡しておくというのが、いいやり方です。

というのも、紙の教会がまさにその象徴ではあるのですが、ニュージーランド地震からの復興のさなかにいます。

「でも、クライストチャーチはNZで一番安全な街になるって前向きに捉えている」 という晝間さんの言葉も印象的でした。クライストチャーチの復興の進捗にも目を向けていきたいと思います。

友人がこんな記事を書いていたので、まさにこの書間さんを事前に紹介してもらえました。

書間さんは、Facebookページやブログなどで、積極的にクライストチャーチの日本人向け情報を発信されている方。

私もクライストチャーチの情報を検索すると、何度も書間さんのポストを見ることがありました。

ということで、もうこれでけっこう万全ですな。

しかも、クライストチャーチのアートセンターが(一部だけど)オープンといういいニュースも!よし!

それほど長い滞在ではないのですが、クライストチャーチしか行きませんので、現地の様子をレポートできればと思います。

あ、そうだ。

実は、ウエリントンにすごいトイレがあるというのを見つけて、そっちも行くことを考えたのですが、それは私同様のプランでニュージーランドにすでに行っていたタカバシさんが見てきてくれました。

すごいトイレット!#airnzjp

Show Takabashiさん(@takabashi)が投稿した動画 -

2016  6月 10 2:10午後 PDT

ということで、心置きなくクライストチャーチを堪能してきます。

では!

« 113冊「暗殺教室・21巻」、ジャンプの歴史に残る大傑作堂々の完結 | トップページ | ニュージーランド航空での成田発オークランド経由クライストチャーチ到着までをご紹介 #airnzjp #link_nz »

投稿:by 2016 07 04 01:27 PM [ニュージーランド航空でいくクライストチャーチの旅] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63868048

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランド航空でクライストチャーチに行ってきます #airnzjp #link_nz:

 
We are bloggers.