みたいもん

トップ > 1000冊紹介する > 117冊目「へうげもの・22巻」山田芳裕 、ついに俵屋宗達が宗達になった

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2016.09.23

117冊目「へうげもの・22巻」山田芳裕 、ついに俵屋宗達が宗達になった




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

古田織部の生涯を描いている「へうげもの」。大坂の陣まできてしまったので、もう終盤。

で、話が進むにつれて、楽しみになってきたのが、織部の周囲の人たちです。

Untitled

で、それらの人たちの中でも、ここのところ、この先どう描かれるのか、とにかく気になっていたが、俵屋宗達の存在でした。

そんなに数多くの俵谷宗達の絵を見たわけではありませんが、とりあえず風神雷神図屏風とか鶴図下絵和歌巻を見るだけでも、とりあえず歴代含めても日本一の絵師は宗達でいいわけです。

そして、その俵谷宗達がいつ俵谷宗達になったのか?ということを、このへうげものが描かないわけがありません

とにかく、そのシーンを待っていたのです。

で、それがついにやってきました。

いやあ、よかった。ここまでへうげものを読んできてよかったです。

さて、あの何巻で終わるのでしょうか。

へうげもの(22) (モーニングコミックス)

B01GUZCNAS

« 116冊目「バイナリ畑でつかまえて」山田胡瓜、本が生まれることの追体験という幸福 | トップページ | 118冊目「消極性デザイン宣言」、私がカバンのデザインでやっていること #SHYHACK だった »

投稿:by 2016 09 23 05:40 PM [1000冊紹介する] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/63851553

この記事へのトラックバック一覧です: 117冊目「へうげもの・22巻」山田芳裕 、ついに俵屋宗達が宗達になった:

 
We are bloggers.