« 美術館の招待券おねだりしたい。 | トップページ | ONEDARIのスタートからエンドまで »

2006年2月 1日 (水)

ONEDARI BOYSの「ONEDARI」の主旨。

思わぬオファーが舞い込んだことで、われわれONEDARI BOYS若干右往左往しています。
ONEDARI BOYS一同話をして、主旨がまとまったのでご報告させていただきます。

基本は「ONEDARI」です。

つまり、主旨に賛同頂ける企業なりから製品・サービスの提供を頂き、 その中からONEDARI BOYSが「ONEDARIしたい!」というものがあったら、 ONEDARI BOYSの参上となります。

というのも、自分が望まないものを「ONEDARI」されても、魂が揺さぶられないため、心震わす文章にはなりにくいのです。

もしそれをしてしまうと、ただのペイドパブになってしまい、ブロガーにとっても、せっかく商品提供して下さった企業様にも良い印象を残さない結果になると思います。

かなりわがままなONEDARI BOYSですが、人にお勧めする以上は、やはり自分の気に入ったものでないと、というのがあります。

また、ONEDARI BOYSは法人ではなく、あくまでも個人ブロガーの集合体です。そのため、統制がとれない面もあるかと思います。

しかし、さすがのメンバーが揃っているため、おかげさまでいくつかオファーも頂き「ONEDARI」の輪も広がりつつあります。もし上記にご賛同頂けるようであれば、何とぞ「ONEDARI」よろしくお願いいたします。

ONEDARI BOYは、顔の見えるバイラル・マーケティングです!なんつって!

|

« 美術館の招待券おねだりしたい。 | トップページ | ONEDARIのスタートからエンドまで »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ONEDARI BOYSの「ONEDARI」の主旨。:

» ONEDARI BOYSオファーきてふんどししめる。 [[mi]みたいもん!!]
全くのやけくそを勢いで始めてしまったONEDARI BOYSですが、意外なことに [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 (水) 13時11分

« 美術館の招待券おねだりしたい。 | トップページ | ONEDARIのスタートからエンドまで »